トップページ | 2005年2月 »

食味処 まつ本

matsumoto01 極楽寺駅から稲村ケ崎へ向かって江の電に沿うように走る道ぞい、新しい民家の1階にある和食処です。店内のしつらえは、細かいところまで気が配られていて、小さいけれどとても上品な雰囲気。

 ランチタイムは、小鉢や茶碗蒸しも付く刺身定食が1200円、煮物定食(写真)なら1000円と大変リーズナブル。おまけに一品一品の味付けは実に丁寧で、見た目の美しさにもこだわりがある。他の女性グループは、みなさん3000円〜の会席を召し上がっていましたが、コース料理の方がさらにおトクそうに見えました!これは、鎌倉にありそうでなかった和食屋さんと言えるかも。 

 夜はコースではなく、小料理(一品300円ぐらいから)を肴に一杯やるのにいい感じのお店になるそうです。そんな時はカウンター席か、こあがりの座敷が落ち着きそうです。

詳しくは>>かまくら楽食日記

050124matsumoto2  matsumoto0314

食味処 まつ本
鎌倉市極楽寺3丁目11-11 0467-23-7432 水曜、第一・第三木曜定休

| | コメント (1)

PARADISE ALLEY

paradise01

 鎌倉駅そば、農協市場の中にファンキーなお店がオープン! 

 外観は中目黒にでもありそうなカフェですが、なんと野菜をたっぷり使ったスープと手作りパンが食べられるのです。なかなかどうして、体も心もあったかくなるようなほのぼのした味わい。それでいてまったく飽きがこないのは、間違いなくプロのワザ。何より、野菜を知りつくしている農家のおばさんたちが喜んで買って食べているんだから、その品質は間違いなし!

 スープとパンのセットが690円。テイクアウトして、おうちであったかくなるのもいいね。(ただし、パンの焼き上がり時間は毎日不定。お昼前に店頭に並んでいたらラッキー!)

 050125paradise paradise02
詳しくは、>>かまくら楽食日記

PARADISE ALLEY 鎌倉市小町1-13-10農協市場内  10:00〜19:00頃オープン 不定休

| | コメント (0)

コストコ 金沢シーサイド店

costocoベイサイドマリーナの近くにオープンしたコストコ。倉庫のような店内、天井まで積まれた商品。生鮮食料品から家具、冷蔵庫まで。・・確かに安い。外国でショッピングしているような錯覚も楽しい。処方箋があれば眼鏡やコンタクトも購入できます(眼科も併設)。
意外なおすすめは、フードコート。アメリカンサイズのピザがおいしい!でも4200円払って会員にならないと入場もできません。あしからず。
http://www.costco.co.jp/
横浜市金沢区幸浦 045-791-6001 無休

| | コメント (0)

コーナン鎌倉大船モールがオープン!

conan大船駅西口地区、フラワーセンター裏手に巨大ショッピングモールができました。スーパーのライフ、家電量販店のノジマ、百円ショップのセリア、文教堂書店、ホームセンターのコーナンのほか、メガネ店、インテリア雑貨店、ファミレス、100円回転寿司などが出店しています。
敷地面積45000平米、駐車場は1445台とケタ違い。あまりに広すぎて、どこに何があるのやら迷ってしまいそう。室内の子供の遊び場がないのが、ちょっと残念。土日は混んでいます。
鎌倉市岡本1188-1 0467-42-8301(ホームセンターコーナン)

| | コメント (1)

野村跡地セミナー&ワークショップのご報告

nomura
1月15日(土)、御成小学校多目的室で野村跡地セミナー&ワークショップが開催されました。
雪が心配される天候のため、午前の現地見学会はやむなく中止になりましたが、午後のワークショップには冷たい雨の中たくさんの人が集まりました。
初対面同士が多かったにもかかわらず、和やかな雰囲気の中、野村跡地の利用方法について活発な意見交換がなされました。
特に多かった声は、「緑地の保全、子どもたちを中心にした野外活動の場としての活用」でした。また市が推進している集客型施設への疑問や、現存する建物を壊して更地にするプランを推進する声なども少なくありませんでした。
今回のセミナー&ワークショップは、各自の「考え」を発表するにとどまり、意見の集約等は行いませんでしたが、今後もこのような形で市民の声を直接行政に届けていく試みが必要だと痛感しました。
お集りくださった皆さん、ありがとうございました!

| | コメント (0)

野村跡地セミナー&ワークショップのご案内

梶原にある「野村総合研究所」の広大な跡地が、平成14年鎌倉市に寄贈されたのをご存知ですか?
約16万㎡もの敷地のうち、ほとんどは豊かな緑地ですが、他に野村総研が使っていたコンクリートの建物やグランドなどがあります。
鎌倉市は、この地を「鎌倉らしい文化の薫り高い、文化・教養ゾーンとして土地活用を図り、市民サービスの向上に 努めたい」という方針のもと、基本計画案を策定し、現在より詳細な検討が続いています。しかし、市民に対する情報提供は充分とは言えません。また、この計画に対する市民の疑問や要望を吸い上げる仕組みも不十分です。
そこで、市の担当課から当計画の概要を聞き(=セミナー)、それに対して市民が建設的な意見を交換しあう(=ワークショップ)場の開催を計画しました。
午前中には、野村総研跡地の建物内部を見学するツアーも催されます。保護者の方の責任において監督していただけるのであれば、お子さん連れでも参加できます。
詳細は、ホームページにアップしてありますのでご覧下さい。そして、一人でも多くの市民の方の参加をお待ちしています。

| | コメント (0)

トップページ | 2005年2月 »