« カジュ・アートスペース 素材展のご案内 | トップページ | 4/2(土)3(日)は、北鎌倉「匠の市」へ »

横浜のBankARTを見ましたか?

bank_art01 横浜市中区、馬車道駅近くで行われている>>BankART1929というプロジェクトをご存知でしょうか。

 BankART(バンカート)とは、銀行(=バンク)と芸術(=アート)をくっつけた造語。1929年に建てられた二つの元銀行の歴史的・都市的なロケーションを活用した文化・芸術創造の実験的プロジェクトとして、約1年前にスタートしました。東京芸大大学院新設に伴い、旧富士銀行の建物利用は昨年末で終了してしまったため、現在は旧第一銀行のBankART 1929 Yokohama(写真)、そして運河に面した倉庫BankART Studio NYKの2箇所で、展示、公演、シンポジウムなど様々な文化芸術活動が行われています。

 2/18〜3/15は、「食と現代美術」というタイトルのユニークな展示がありました。大きな窓から優しい自然光が入り込む、元銀行の気品あるガランとした空間が、食料品のカラフルなプラスチックゴミで埋まっています。高さ7mの天井から下がるシャンデリアも、よくよく見るとペットボトル! もう一つのStudio NYKの会場では、子どもたちを招いて“食べられるお菓子の家”を作るワークショップなども開催され、日頃芸術にまったく無縁という人でも一緒になって楽しめるイベントになっていました。

bank_art03 bank_art02

 BankARTは横浜市が運営費を支出し、アート系のNPOが運営を担っています。市の歴史ある街並を大切にしつつ新しい文化を発信していこうというメッセージが強力に伝わる、とても横浜らしいプロジェクトだと思います。かたや、我々の愛する鎌倉ではどうしてこういうことができないの?という素直な疑問もわいてきます。市内に点在する歴史的建造物をネットワークして、ちょっと面白いイベントを企画して、多くの市民や観光客に楽しんでもらう。そんなやわらかい発想が、鎌倉の文化財関係、教育関係のお役人の頭にも浮かんでくれるといいのにな。

|

« カジュ・アートスペース 素材展のご案内 | トップページ | 4/2(土)3(日)は、北鎌倉「匠の市」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カジュ・アートスペース 素材展のご案内 | トップページ | 4/2(土)3(日)は、北鎌倉「匠の市」へ »