« 桜・さくら・sakura | トップページ | GWの鎌倉って、どうなのよ。 »

参加しましょう!『鎌倉まつり』

matsuri01 例年は、桜の盛り上がりが一段落してからの『鎌倉まつり』なんですが、今年に限っては桜の満開と快晴と日曜日がダブってしまって、もう大騒ぎ。観光協会によると4月10日だけで25万人の人出があったとか。ま、鎌倉の桜を愛でに来た人にとっては、道路は通行止めになってるし、人垣はできてるし、「なんて迷惑な・・!」というのが正直な感想だったかもしれませんが。

 そもそも『鎌倉まつり』』という名前のわりに、中身は結構おソマツだったりする。
 例えばメインのパレード。今年ならさしずめ、義経と静のカップルが馬に乗って登場するぐらいの演出は期待されて当然だと思うんだけど、まず人力車に乗って現れたはミス鎌倉。小中学校生のブラスバンドの行進に続いて、地元おばさま方の民謡踊り、小学生有志のよさこい踊り、あとは、市内各地の神社のお神輿やお囃子・・・という具合で、出し物が極めてローカルなんです。
 地元の人たちはパレードの中に知り合いを探して楽しめるけど、観光客の方にとってはねえ、どうなんでしょうか。

 しかし、このヘンのチグハグさがとっても鎌倉らしいなあと思うんです。つまり、よその人が期待する「鎌倉像」には、在住者(観光協会含む)はあんまり興味がない。『鎌倉まつり』なんだから、ローカルを大切にして何が悪い!と言わんばかりに、視線が完全に内側向いちゃってる。「出たい市民は誰でも出てよ」っていうのに近い、田舎的おおらかさと言うべきか。

matsuri03 なので、今年は参加させていただきました。大町子ども会の「八雲こどもみこし会」で御神輿を担ぐ子どもたちのお付きとして、桜吹雪の若宮大路を練り歩かせていただきました。
 イヤ〜、気分良かったです。病みつきになりそうです。まつりは参加してこそ意義があるんです。見ている人が違和感を抱こうがなんだろうが関係ないんです。

 今年、鎌倉まつりパレードを見て「・・なんかなあ」と引いてしまったあなた。来年はあなたも参加しましょう!それが『鎌倉まつり』の正しい楽しみ方なんですから!

 (右写真)鎌倉鳶職組合の“はしごのり”は魅せました。「いよっ!男前!」



|

« 桜・さくら・sakura | トップページ | GWの鎌倉って、どうなのよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/3787536

この記事へのトラックバック一覧です: 参加しましょう!『鎌倉まつり』:

« 桜・さくら・sakura | トップページ | GWの鎌倉って、どうなのよ。 »