« 或る鎌倉の風景〜映画『青の炎』 | トップページ | 参加しましょう!『鎌倉まつり』 »

桜・さくら・sakura

sakura01 いや〜すごかったですねえ、今年の桜。開花が遅れてヤキモキしていたら、4月になって急に暖かくなり、一気に開いた!だから、満開も一気に来た!
 例年ならば開花の早い枝遅い枝があり、満開の頃には一部が葉桜になっていたりするもんですが、今年はゴーカイに完全ピンク一色!枝にピンク色のダマダマがボコンボコンとくっついている感じ。(左写真を拡大して!幼稚園でおなじみ、ピンクのティッシュで作った花の飾り付けを思い出しませんか?)

 桜満開で迎えた週末は暑いぐらいの好天で、西口のホテルニューカマクラ(景観重要建築物指定第27号)yozakura_liveでは夜桜ジャズライブが開催されるし、翌日は鎌倉まつりで桜吹雪の若宮大路をパレードが通るし、気候に誘われタケノコまでも顔を出すしで、もうおおわらわ。
 鎌倉にやってきた春、これから順次レポートしていきますのでお楽しみに。

 さて、わたくし個人といたしましては、今年は山桜の美しさに開眼した春でした。「山桜の美しさはソメイヨシノの比ではない」というようなことをおっしゃる方が時々いますが、確かに山桜の薄緑の葉と白い花びらのコントラストの美しさには、自然のたおやかなエネルギー(ダイナミックではないけれど確かな存在感)が宿っていると感じます。かたやソメイヨシノの植え方や咲き方は、むしろ人為的な印象が先にたってしまうのです。

 朝日新聞のインタビューで、かの養老孟司先生も「たくさんの種類の樹木の緑の中に、ぽつんぽつんと咲く山桜の見事さといったら・・」と答えていらっしゃいました。たまたま訪れた華頂宮邸の庭から、春の山のぼんやりとした美しさを見つけ、「そうそう、これなんだよな鎌倉は」と嬉しくなってしまいました。

yamasakura04 sakura

追記:山桜(↑)は、鎌倉市のシンボルツリーなんだそうですね。昭和50年に市民の投票で選ばれたとか。センスいいじゃん、鎌倉市民!

|

« 或る鎌倉の風景〜映画『青の炎』 | トップページ | 参加しましょう!『鎌倉まつり』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/3690848

この記事へのトラックバック一覧です: 桜・さくら・sakura:

« 或る鎌倉の風景〜映画『青の炎』 | トップページ | 参加しましょう!『鎌倉まつり』 »