« 小町・老舗のお茶屋さん | トップページ | 祭りの季節がやってきた! »

或る鎌倉の風景〜歌舞伎『桜姫』

sakurahimejpg 雪ノ下、大倉、稲瀬川・・・これは何かと申しますと、四代目鶴屋南北作『桜姫東文書』のセリフに出てくる鎌倉の地名です。長谷寺の僧侶(!)・清玄と、お姫様のドロっとした波瀾万丈の恋物語。生々しい濡れ場あり、韓流真っ青の“運命のいたずら”あり、ジャパニーズホラーあり・・、と歌舞伎初心者でも飽きずに観られるてんこもり作品。

 渋谷のシアターコクーンと平成中村座が組んで上演を続けている>>『コクーン歌舞伎』、今年の演目がこの『桜姫』でした。桜姫は鎌倉が舞台とは知っていたけれど、橋之助の口から「雪ノ下でユーレイが出て大騒ぎ」なんて聞くと、思わず「あら、雪ノ下で?」と返したくなってしまう鎌倉住民。桜姫が子どもと生き別れる重要なシーンとなる稲瀬l川の河畔は、ホームレスが集うよからぬ場所だったらしいというようなこともわかります。

inasegawa 他にも鎌倉界隈が舞台の歌舞伎は数々ありますね。一番有名なのは弁天小僧が「知らざあ言ってきかせやしょう」とタンカを切る『白波五人男』かな。揃いのいでたちに番傘さした五人の男が順ぐりにプロフィールを述べる『稲瀬川勢揃いの場』(また稲瀬川だ!)は、歌舞伎好きでなくともご存知でしょう。

 『暫(しばらく)』は、梶原権五郎景政のハデな衣装とハデな振る舞いが、これまたハデな鶴岡八幡宮のセット上で展開されるゴージャスな舞台。これは歌舞伎十八番の内だから、目にできる機会が多いかも。・・というか、これ、ほんとに八幡宮境内で上演したらすごいリアルで鳥肌ものなんじゃない? ついでに、今の稲瀬川(右写真)に五人衆が勢揃いするスペースはなさそうだけど、河口の海岸でやったら超カッコイイよ、絶対!!
 鎌倉観光協会さん、薪能の次は歌舞伎だってば! お願いしますっ!!

■□追記:今年の桜姫は中村福助でした。お家芸のノケゾリは健在!いよっ成駒屋!

|

« 小町・老舗のお茶屋さん | トップページ | 祭りの季節がやってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/4764315

この記事へのトラックバック一覧です: 或る鎌倉の風景〜歌舞伎『桜姫』:

« 小町・老舗のお茶屋さん | トップページ | 祭りの季節がやってきた! »