« 正しい海水浴!! | トップページ | ラジオ体操が伝説になる日 »

愛・地球博に「鎌倉」を思う

aichi09 がんばって行ってきました、>>愛・地球博。トヨタ館のロボットがどうとか、マンモスの氷づけがどうとか、そういう話題ばかりがメディアにリリースされているのでうっかりしていましたが、これって「国際万国博覧会」だったんですよね。つまりメインは“世界各国がお国自慢をする大会”なんです。
 その証拠に、大人気の企業パビリオンゾーンは会場のほんの一部で、グローバルコモンと称される外国館ゾーンの方が圧倒的に広い。例えばヨーロッパゾーンならベルギー、スイス、オーストリア、ロシア、ポーランド、オランダetcがまさしく軒を並べて自国の文化や経済や自然を紹介してくれています。でもね、やっぱり、正直な感想は「なんか今さらなんですけど・・」。韓国館なんか、とってもデザイン的に優れていて3D映像の完成度も高くて素晴らしかったけど、『冬ソナ』一発の方がはるかに多くの人を韓国にひきつけたワケですし・・。
aichi04 
 『自然の叡智』
がテーマなくせに、CGで描いた自然の映像が目白押しなのにも苦笑しちゃいました。長久手日本館の360度全天球型映像も、人気NO.1日立館のユビキタス体験映像も、全部CG。多くの来場者は、それが実写かCGか、なんてことも意識せずに見ているかと思うとちょっと怖い。このペースで、リアルなものとバーチャルなものの垣根がどんどんなくなっていってしまうと、地球の未来はどうなってしまうんだろう。(全人類マトリックス化か・・!?)

 そんなことをつらつら考えながら、会場を出て名古屋中心部に向かう帰路。リニモ沿いに新しくできた街道は、何キロにも渡って大型店が建ち並ぶロードサイドビジネスのメッカとなっていました。aichi07万博がなければ、「1000年の森」が変わらず豊かな緑と里山の風景を残していたはずなのに・・。会期終了後、万博会場はエコロジーに解体され自然の公園になったとしても、文化もオリジナリティーのカケラもないこの街道の醜悪な光景は消えてくれないわけです。それは絶対ダメなことだと思うんです。

 だから・・、私たちは鎌倉の(バーチャルではない)自然と、地域のオリジナリティを大切にしなくちゃいけない。グローバル化が進む経済の論理だけで動いちゃいけない。そういうことを強く感じた万博体験となったのでした。

|

« 正しい海水浴!! | トップページ | ラジオ体操が伝説になる日 »

コメント

おお、奈穂さん。はるばるようこそ!
いよいよ終わっちゃいましたね、地球博も。
マスコミのコメントは「成功」&「感動」のストーリー一辺倒ですが、なんかなあ。
5000円近い入場料払ってまともにパビリオン見れなかった人、もっと怒っていいと思うよ!

投稿: かよ | 2005/09/26 23:46

カジュblogからたどり着きました。元・の上にエセ・ラジオDJです。
私も東京ディズニーランドに行ったとき、作り物の植物・動物を見て、鎌倉の方がずっといいや、早く帰ろう、という感想を持ちました。年のせいか?それでもいい!

投稿: 奈穂 | 2005/09/25 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/5096907

この記事へのトラックバック一覧です: 愛・地球博に「鎌倉」を思う:

« 正しい海水浴!! | トップページ | ラジオ体操が伝説になる日 »