« 小町路地の夕涼み会 | トップページ | 材木座で、なぜかトルコ料理 »

映画でお散歩 鎌倉ガイド!?

tatsuno01こちらの女性が、『映画でお散歩パリガイド』のイラストを描かれた樋口たつのさん。大塔宮前のカフェグラス(アトリエKika隣)で、本に使ったイラストの個展中にお邪魔しました。雪ノ下のマンションをアトリエにして、雑誌や広告、CDジャケットなどのイラストの仕事を精力的にこなしているたつのさん。イラストのタッチそのまま、ビビッドな感性としなやかさをあわせ持った方という印象です。(たつのさんホームページは>>こちら

『映画でお散歩パリガイド』は、フランス映画の舞台をめぐるユニークなガイド本です。tatsuno03著者は、パリ在住アーティストを日本でプロデュースする仕事で知られる>>ジュウ・ドゥ・ポゥムさん。『天井桟敷の人々』『北ホテル』といった古典から『アメリ』などの新作まで、計45作品がゆかりの地の写真とともに紹介されています。たつのさんは全作のイメージイラストを独特のお洒落なタッチで描いています。(全部の映画を観て描いたんだって。大変だったでしょ・・!?)個人的には、トリュフォーやゴダールのヌーベルバーグ作品(1950-60年代)がたくさん紹介されているのが嬉しい。新しいスタイルのパリガイド本として、パリ好き、映画好きにオススメです。(Amazon>>リンク

>>プレアデス国際短編映画祭のスタッフ・アムリンヌ晴子さんによれば、パリでは映画の撮影スポットにスクリーンを張って完成作品を鑑賞するというイベントがしばしばあるそうで、「いいなあ〜それ」と思う。tatsuno02鎌倉だって、小津の時代から映画の舞台になっている場所ってたくさんあるわけで、そういうところで映画祭が開催できたらすごく盛り上がりそう。それにはまず、『映画でお散歩 鎌倉ガイド』を出さなくちゃね。なんて、夢は勝手に広がったのでした。(・・・いや夢と言わず、着実に一歩づつ近づけていくぞ〜!)

ちなみに『映画でお散歩パリガイド』展は、9/4(日)までカフェグラスにて開催中(tel0467-24-7025)。期間中はたつのさんご自身がカフェのマダム役をつとめていらっしゃるので、ぜひお声をかけてみて下さい。

|

« 小町路地の夕涼み会 | トップページ | 材木座で、なぜかトルコ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/5749659

この記事へのトラックバック一覧です: 映画でお散歩 鎌倉ガイド!?:

« 小町路地の夕涼み会 | トップページ | 材木座で、なぜかトルコ料理 »