« 歩きたい鎌倉の路+素敵なレストラン | トップページ | コマイヌがいない二の鳥居? »

“景観”と“風景”は違うもの・・

CIMG0061 「景観」になるには100年の時間が、「風景」になるには1000年という時間が必要・・・。これが、ギョーカイで使われている区分なんだそうです。即ち、森とか山とか海といった人為的でない自然物は“風景”、対して人がそれぞれの営みの中で作り出して行くものが“景観”、という解釈でいいんでしょうか。今回、>>鎌倉市都市景観課のワークショップをお手伝いして、初めて知りました。

 そう言えば、鎌倉で一番有名な某お菓子会社の社長が話してました。「鎌倉の人は緑を守れってよく言うけど、あれは“借景”を守れって言ってんだよね。じゃあ、自分の家の庭や門はどうなんですか?って思うよね。」・・・これも、“風景”と“景観”という言葉に置き換えるとよく理解できる気がします。“風景”はもちろん大事だけど、それと同じぐらい、自分たちが今作りつつある“景観”にも意識を向けなくちゃ、鎌倉の街の良さはどんどん失われてしまうんじゃないの?・・って。

tujiko 鎌倉市の都市景観課のスタッフは、その“鎌倉の景観”を維持していくために、たいへんエネルギッシュに(鎌倉市にあっては希有な存在?)活動しています。現在も、宝くじの助成金を獲得して、鎌倉旧市街地区全域で『鎌倉のまちのお宝を探そう!』というワークショップ企画が展開中! しかし、何せ準備期間が短いし、スタッフも少ないし、その割には企画が盛りだくさんすぎて、もうてんやわんやの大騒ぎ! で、見かねた市民ボランティアがお手伝いを申し出て、どうにかこうにか滑り出したところ・・。
 
 これから11/23(祝)のシンポジウムまで、いろいろな地区で、いろいろな企画のワークショップが行われます。建築家やまち並みの専門家と一緒にまち歩きして鎌倉らしい景観や建物をチェックしたり、子どもも楽しめるスタンプラリーや展示など・・。詳しくは、>>景観課のホームページでご覧下さい。さしあたって、これからの「オススメ企画」はこちら・・。

1)11月3日(木・祝) 13:30〜15:30
 ・鎌倉在住の建築家(東京電機大講師・熊倉洋介さん)と歩く、由比ケ浜〜文学館
 ・都市景観の専門家(関東学院大講師・志村直愛さん)と歩く、長谷〜文学館

2)11月 6日(日) 9:30〜13:00(スタンプラリーは〜16:00)
 ・鎌倉在住の若手建築家(山田博也さん)と歩く、御成町、扇ガ谷、佐助地区
 ・>>よしのまりこデザイン、オリジナルスタンプを使った駅西口地区スタンプラリー

3)11月13日(日) 14:00〜16:00 清川病院ファンタジールーム
 ・東海大学教授加藤仁美さんと一緒に、鎌倉の路地について語る、学ぶ会(上チラシをクリック!)

 失礼ながら先生方は、みなさん現役バリバリ世代。だから、いわゆる行政イベントと違って面白いと思うよ!ふるってご参加下さい! 参加申し込みはメールか電話(0467-23-3000内2322)で、市景観課へ!

|

« 歩きたい鎌倉の路+素敵なレストラン | トップページ | コマイヌがいない二の鳥居? »

コメント

館長、ありがとう!
そう、あれは「気」を入れて作りましたから! 思いが伝わったでしょ?

投稿: すみかま | 2005/11/21 19:23

鎌倉駅地下道の展示ネル拝見しました。
なかなかすばらしいですね~

投稿: 鎌倉情報館@館長 | 2005/11/21 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/6763932

この記事へのトラックバック一覧です: “景観”と“風景”は違うもの・・:

« 歩きたい鎌倉の路+素敵なレストラン | トップページ | コマイヌがいない二の鳥居? »