« 由比ケ浜フェスタの商店街パワー! | トップページ | 投票に行こう! 鎌倉市長選挙 »

スゴイぞ、鎌倉の地域コミュニティー!

 去る10月9日、鎌倉市の複数の小学校で『市民運動会』が開催されました。小学校ごとに学区内の地域が集まって優勝を競いあうというもの。「なにそれっ、田舎くさ〜」と思ったあなた。そうなんです、鎌倉は田舎なんです。今回お手伝いで裏方に参加して、その事実をあらためて認識いたしました!

undoukai05 運動会を運営するのは、地区のスポーツ振興委員というお仕事をボランティアでしていらっしゃるおじさまやおばさまがた。この方々の仕切りがスゴイ。で、その下に地域のスポーツチームのコーチや、小学校の保護者がお手伝いに入るのですが、この場では学校長もPTA会長もなんの権限もない。地域のヒエラルキーを元に(それがまた整然とした組織じゃなくて混沌としていて大変面白い!)意思の決定、伝達が行われるのです。
 この日は前日の雨でぬかるんだ運動場を2時間かけて整備したのに(上写真:土方仕事に汗を流す皆さん)、開会式の途中で大雨が降り出し、急きょ体育館での開催に変更という大ハプニングが発生! 裏方も参加者も完全にカオス状態! それでも長年のつきあいによる阿吽の呼吸で(多少もたついてもご愛嬌ということで)、なんとかプログラムが進んで行く。スゴイの一言。
undoukai お昼にはパンやお弁当が配られるのですが、これがまた地区ごとに自治会商店会が提供してくれるので内容が全然違うのです。間違ってもお隣の地区のお弁当に手を出しちゃいけない。数は足りているか、2回お菓子をもらいにくる悪い子はいないか、配る方も真剣です。

 「これは災害時の避難所の光景だ!」と誰もが思いました。避難所では社長さんも大地主もタダの人です。その場で一番えらいのは、日頃から地域活動に参加して汗をかいて下さっているおじさんやおばさんたちなのです。折しも前日、>>『鎌倉市市民自治を考える市民フォーラム』で帝塚山大学の中川教授がお話していました。「これからは、小学校の学区単位での地域コミュニティーこそ必要です。阪神大震災でも立ち直りが早かったのは、自治会や町内会が機能している地域です。」

 鎌倉にはその地域コミュニティーが残っている!・・本当に嬉しくなりましたね。逆に、子どもを遠くの私立に入れるなんてもったいない!小学校のつきあいを通じたつながりがないと、イザという時におにぎりがもらえないかもしれません。だって某自治会の人が言ってましたもん。「一人一個よ〜みたいな非常時に、顔知らない人には絶対渡さないよね」って。残念ながら地元の小学校に通う子がいないご家庭は、ちゃんと町内会に入るか、せめて来年の市民運動会に参加しましょうね!

|

« 由比ケ浜フェスタの商店街パワー! | トップページ | 投票に行こう! 鎌倉市長選挙 »

コメント

私の住んでいる地域では、市民運動会だけでなく、今週末、町内運動会があります。
この運動会では、子供会が手伝って豚汁や炊き込みご飯などを作って販売するのですが、
なんでこんな面倒なこと、と去年手伝って思ったのだけれど、
これって、災害時の炊き出しの練習にもなってたのね。目からウロコ。
今年もちゃんとお手伝いしよっと。

投稿: hanako | 2005/11/02 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/6357825

この記事へのトラックバック一覧です: スゴイぞ、鎌倉の地域コミュニティー!:

« 由比ケ浜フェスタの商店街パワー! | トップページ | 投票に行こう! 鎌倉市長選挙 »