« 路地ってどんなとこ? | トップページ | 文学都市かまくらと文学館 »

義経と鎌倉の紅葉

kouyou01 NHK大河ドラマの>>『義経』もいよいよ佳境。今週は、義経と別れ捕われて鎌倉に連れて来られた静御前が、鶴岡八幡宮の境内で舞うという有名なシーンがOAされました。いや〜、緊迫感のある、なかなか見事な演出でしたね。この番組観ていると、義経ったら一方的に可愛そう。対して頼朝ってほんとに狡猾。鎌倉幕府ってワルじゃん、と思っちゃいます。

 鎌倉が舞台の大河なのに鎌倉市がいっさい撮影協力してないのはナゼ?という話で、「鎌倉は頼朝が作った町なんだから義経側から描いたストーリーには協力できないというのが住民感情」という話を耳に挟みましたが、それってまんざら冗談じゃなかったのかも。

kouyou02 余談ですが、鎌倉が現在のような観光地として注目を集め出したのは、やはりNHK大河の『草燃える』(S54年)の舞台になった時なんだそうです。(覚えてます!石坂浩二の頼朝に、国広富之の義経。岩下志麻の政子が怖かった!) 記憶に新しいところで言えば、冬ソナでチュンチョンに観光客が殺到したのと同じ効果があったんですね。でも今年の鎌倉、義経効果はあんまりなさそう。だって商業者を含めて、町が全然盛り上がってないもん。・・あ、やっぱり頼朝びいきなんだ、鎌倉の人は。
kouyou03
 鎌倉のまちは、これから2-3週間、1年で最も観光客が集中する紅葉シーズンに突入します。先の『義経』の舞殿シーンでも、舞い落ちる深紅のモミジが実に効果的に用いられていましたが、いや、鎌倉のモミジの赤はあんなに鮮明じゃないよ・・とテレビに一人突っ込みを入れる私。比較的温暖な鎌倉の紅葉は、なんとなくボヤボヤっとしているというか、やわらかい色合いというのが、鎌倉っ子たちの共通認識です。

 でも今年は、大きな台風の直撃を受けなかったのと、ここへきて急に冷え込んだので、例年よりも紅葉がハッキリしている気がします。掲載の写真は、19日に>>衣張山で撮影したもの。山道を覆う落ち葉をサクサクと踏みしめながら歩くと、義経の逃避行もこんなだったのかも・・と、鎌倉時代にトリップできて楽しい!

|

« 路地ってどんなとこ? | トップページ | 文学都市かまくらと文学館 »

コメント

『草燃える』懐かしいですね~あの当時は本当すごいブームでした。
しかしそれよりちょっと前のS50年に中村雅俊さん主演の『俺達の旅』が最初の鎌倉ブームの火付け役でした。当時廃線になりそうだった江ノ電をあのドラマが救ったとまで言われたくらいです。稲村ガ崎小学校裏手のかやぶきの民家(現存してます)がドラマの舞台で極楽寺駅前は『俺達の旅』伝言板という物があり大変な賑わいでした。当時稲村ガ崎小学校に通っていた私(年がばれる~)もしょちゅう撮影現場に遭遇していたんでひよっとしたらTV出演していたかも?
出演者の一人(だれだったか?)が働いていたパン屋さんが東急にあるサンジェルマンで当時まだパン屋さんが珍しかったのでものすごい行列した記憶があります。

鎌倉の紅葉現在は明月院、海蔵寺、源氏山公園などが綺麗です。
HPにに随時状況を載せてゆきますんで覗いてください。

投稿: 鎌倉情報館@館長 | 2005/11/23 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/7262405

この記事へのトラックバック一覧です: 義経と鎌倉の紅葉:

« 路地ってどんなとこ? | トップページ | 文学都市かまくらと文学館 »