« 稲食で楽食 | トップページ | ラヴァーズ・キス in 鎌倉 »

旧川喜多邸で映画を観る!

 鎌倉市雪ノ下にある旧川喜多邸をご存知でしょうか。生涯を通じて外国映画の輸入と配給、海外への日本映画紹介などに情熱を注ぎ国際的な舞台で活躍された川喜多長政・かしこご夫妻がお住まいだった邸宅です。広大な敷地に赴きある和風住宅。敷地をぐるりと囲む黒塗りの板塀は、時代劇のロケ地としてもしばしば登場しています。

 ご夫妻は明治生まれ。東宝東和の前身である「東和」という会社で、戦前からヨーロッパ映画の輸入に携わり、「第三の男」「禁じられた遊び」等、数々の名作を日本に紹介されました。いわば、日本における洋画配給の祖とも言えるお二人は、日本の映画史を語る時に欠くことのできない大きな存在となっています。かしこさんが設立された>>川喜多記念映画文化財団は、各国で開催される映画祭に日本の作品を選出するなど、現在も映画を通じた国際交流に貢献しています。

 こちらの旧川喜多邸は、かしこさんが平成5年に逝去された後、>>「映画記念館」の設立を願うご遺族によって鎌倉市に寄贈され、現在は市の>>文化推進課が管理しています。通常は春と秋の年2回しか一般開放されていないのですが、今回、>>プレアデス国際短編映画祭に推薦する日本作品の選考会会場として使わせていただけることになりました。
kawakita00

 映画にゆかりの深い鎌倉。中でも、多くの国際的映画人が訪れたここ川喜多邸で、映画に関連したイベントをやりたい!というのが、我々、プレアデス国際短編映画祭実行委員の願いでありました。その想いを受け入れてくれた鎌倉市。どうもありがとう!
 選考会は2月26日午後1時〜5時頃。一般の方も参加できます。ご希望の方は、>>メールでご連絡下さい。
 詳細は、>>プレアデス国際短編映画祭日本事務局サイトへ。

駆け込みの応募作品が多数あり、上映時間を1時〜に変更いたしました。
なお選考会は定員に達したため、受付を締め切らせていただきます。

|

« 稲食で楽食 | トップページ | ラヴァーズ・キス in 鎌倉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/8392590

この記事へのトラックバック一覧です: 旧川喜多邸で映画を観る!:

« 稲食で楽食 | トップページ | ラヴァーズ・キス in 鎌倉 »