« 円覚寺・龍隠庵の紅葉 | トップページ | 鎌倉流 お正月の過ごし方 »

イルミネーションと門松

200612 クリスマスシーズンを迎えるたび、年々驚く回数が増えています。何がってクリスマスイルミネーション。鎌倉駅前のイチョウ並木の電飾は、寒い中、駅を降り立った人が「ホッ」とする暖かさが感じられて好き。江の電駅のライトアップもかわいらしくて◎だと思う。むしろびっくりしちゃうことが多いのは夜の住宅街。闇の中、満艦飾に輝く5mを越す庭の木に遭遇したり、3階の窓から1階までの外壁に巨大ツリーが青と赤と白の光で描かれていたり・・。お店とかクリニックとかのご商売をしているわけでもない、ごくごく普通のお宅なんですよね。鎌倉の住宅街の夜は概して暗いので、余計に目立つんでしょうか。

 10年ほど前、東京都心から鎌倉に移って来た時は、まったく(と言っていいほど)クリスマスの飾り付けをする家がなかったので、反対に「さすが鎌倉」と驚いたものだったけど。個人的な好みの問題ですが、鎌倉のやや湿気を含んだ冬の夜に似合うのは、蛍みたいにほのかに点滅する、控えめな電球色じゃないかな、と思う。旧鎌倉地域の自動販売機をベージュで統一するようお願いしているのと同じく、イルミネーションも「電球色の点滅のみ」って統一したら、話題になるかもね>都市景観課さん。

Kadomatu04
 さてクリスマスを越すと、いよいよお正月です。クリスマスにはまったく関心を示さなかったお宅が、待ってましたとばかりにイキな門松を飾ってくれます。鎌倉の門松率の高さは、関東圏では屈指ではないかしら? この季節になると、ああ、門松が似合う門扉がある家はいいなあ、うらやましいなあと、キョロキョロしながら街歩きしています。


|

« 円覚寺・龍隠庵の紅葉 | トップページ | 鎌倉流 お正月の過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/13190295

この記事へのトラックバック一覧です: イルミネーションと門松:

« 円覚寺・龍隠庵の紅葉 | トップページ | 鎌倉流 お正月の過ごし方 »