« イルミネーションと門松 | トップページ | 取り戻せないもの »

鎌倉流 お正月の過ごし方

Sichihuku 今年はめでたく鎌倉七福神巡りでスタート。七福神って耳にはするけど、きっかけがなくて行きそびれている鎌倉人も多いのでは? 要するに七福神の像があるお寺を全部まわると縁起がいいよってことで、浄智寺(布袋和尚)〜鶴岡八幡宮旗上神社(弁財天)〜宝戒寺(毘沙門天)〜妙隆寺(寿老人)〜本覚寺(恵比寿)〜長谷寺(大黒天)〜御霊神社(福禄寿)が、鎌倉の七寺。効率よく動けば、歩きでも一日で軽くまわれる距離。

 まずは、どこかのお寺で七福神の色紙(下写真)を一枚ゲットします。これが500円。さっそく御朱印をいただいて、達筆で日付なども入れていただいて300円。この300円はすべてのお寺でお支払いが必要。つまり、500円+300円×7カ所=2600円也。Sichihuku02他に、長谷寺、浄智寺、宝戒寺さんは別途、入山料が必要。もちろん行く先々でお詣りもするので、お賽銭も必要・・となるけれど、まあ、こんな機会でもないとゆっくりお寺巡りをすることもないだろうファミリーには、健康的、文化的かつリーズナブルなレジャーと言えるかも。

 七福神の由来、ルート、各お寺の紹介などは、おなじみ>>「鎌倉紀行」さんの特集におまかせするとして、目下の問題はこの色紙、江ノ島の弁財天も入って8カ所の朱印が押せるのよ。弁財天は八幡宮でクリアしているのに、なんでダブルで来るわけ? そのために江の電乗って江ノ島(=藤沢)まで行かにゃならんとは、うーん計られた(誰に?)。だけど右上が白いままでは、ありがたみ7割減につき仕方ない、正月中に出かけるか。

Sichihuku03

 ちなみに御朱印をいただくなら「七福神」にこだわる必要はありません。御朱印帳を買って、鎌倉中の全寺制覇をめざすも良し。観音様がいらっしゃるお寺とか、テーマを決めて巡るも良し。最後に長谷寺境内に貼ってあった注意書きを転載しますと、「御朱印とは本来、お経などを寺院に奉納した証に頂くものです。現在では寺院を参拝した証として頂く意味合いが強いようですが、仏道修行の証であることにはかわりありません。記念スタンプとは趣旨が違いますので十分にご注意下さい。」 注意しましょう>自分。

|

« イルミネーションと門松 | トップページ | 取り戻せないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/13338033

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉流 お正月の過ごし方:

« イルミネーションと門松 | トップページ | 取り戻せないもの »