« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

鎌倉ビンテージ民家

Nikaido01
 写真は、鎌倉の奥座敷と呼びたい谷戸にある古民家。鎌倉は太平洋戦争の空襲を免れたため、昭和初期〜(関東大震災後)の建物が残っていることはすでに書きましたが、こちらの建物は大正初期のもの。この地域は地盤が堅い岩であるため、大震災の被害も免れ、ご近所には江戸時代(「安政年間」ということなので約160年前!)の建物がなんと現役で建っています。手を入れながら住まい続けるのはさぞご苦労なことと思いますが、古くていいものをちゃんと守って伝えて行こうという高い志をお持ちの方がたくさんいらっしゃるのも、鎌倉ならでは。

Nikaido02
 こうやって見ると、日本家屋というのはつくづく「影」が美しく見えるように作られているんだなあと思います。とにかく太陽光を入れようとする今時の住宅と比べると、なんと奥ゆかしいことか。今や、こういう精巧な明り障子や欄間を作れる職人さんもいなくなってしまったのではないでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶寮 松ヶ岡に伝わる「気」

Matsugaoka002
 「駆け込み寺」「縁切り寺」の別名を持つ、北鎌倉の>>東慶寺。このお寺に駆け込んだ女性は、男尊女卑、封建制度の元にあっても、夫との縁を切ることができたという。門をくぐらなくても、草履とかかんざしを投げ入れればそれでOKということもあったらしいが、それきりで縁が断ち切れてしまうほど単純ではなく、実際には門横にある寺役所が、女性の身元を確認し、夫との間に入って調停をし、裁判をし、といった煩雑な手続きを担っていたんだそうな。かつても今も、そのあたりの手間はあまり変わっていないようですね。(参考:>>『鎌倉謎解き散歩・古寺伝説編』

 >>茶寮 松ヶ岡は、この役所跡に建つお店です。上品な、しかし決して気取ったところのないステキな女主人と女性スタッフたちが、献立を考え、お料理を作り、サービスして下さいます。元々は茶道の心得を活かしてお抹茶専門のお店としてスタートしたのが、周囲のすすめでお料理も出すようになったとのこと。シックな和の空間に流れる時間はとてもおだやかで落ち着くけれど、そのくつろぎを生み出しているのは、他ならぬ彼女たちスタッフのピンと張りつめた数々の「心づくし」です。遥か、鎌倉時代から「女性たちの最後の砦」であったこの地に伝わる、凛とした「気」を感じずにはいられません。

Matsugaoka001
 お料理はもちろん、器も、お店のしつらえも、季節にあわせて毎月変わります(写真は1月のお料理)。今回、その「アイデアメモ」のようなものを見せていただく機会を得たのですが、なるほど、「季節を愛でる心」というのはこういうものか!と感服しました。季節の移ろいを感じられる食材をふんだんに取り入れたり、1月ならお正月でおめでたく、三月ならば雛祭り、五月になったら節句・・といった具合に行事にちなんだ演出をお皿の上に施したり・・。こんな風に、食と自然を一体化して楽しむ文化は他にないでしょう。日本人の情緒とは、本来、こんなに豊かだったんだなあと気づかされました。 

Matsugaoka003

鎌倉市山ノ内1384 0467-25-3155
お食事11:30〜14:00 お抹茶10:00〜16:00  月曜、火曜定休

お食事は、一の膳(先付+食前酒+前菜盛り合わせ)、二の膳(主菜)、三の膳(ご飯+おつゆ+香物)が出る季節御膳 3,600円のみ。
お刺身など、追加のオーダーも可(一皿増すごとにプラス1,000円) 
お抹茶と生菓子(桜湯つき)は600円 
※お食事は要予約。法事などで貸し切りの場合もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »