« 2007鎌倉路地フェスタ とりあえず初日報告 | トップページ | 能舞台のあるお宅 »

Hanakoに載る

070426 ゴールデンウィークの鎌倉は、あいかわらずの大混雑だったようです。若宮大路や小町通りは大変な人ごみ。でも面白いことに、我が家の前の路地などは、いつもの週末より人通りが少なかったりする・・これってつまり、鎌倉をよく知っている人は連休に遊びに来ないっていうことですよね。
 現在発売中の>>『Hanako(No.898)』はまさに、そんな「鎌倉を知っている人たち」のための情報誌です。かつて(かれこれ10年ぐらい前?)、鎌倉界隈の飲食店にとって、「Hanakoに載る」=「魂を売る」に等しいぐらい忌むべきこととして扱われた時代がありましたが、今や、本当に信頼できる、おいしいお店が堂々と『Hanako』の紙面を飾っています。

 地元の人間でも違和感なく読める『鎌倉特集』。編集者のお話では、今の読者にとっての鎌倉は「観光に行くところ」でも「遊びに行くところ」でもなく、「住んでみたいところ」(>>「住みたい鎌倉」だ!)になりつつあるそうで、「鎌倉に住んでいる自分」がイメージできるような情報こそ求められているんだとか。
 かく言う>>楽食組も、「地元住民が心から愛する、隠れ名店」というコーナーで、お得意のお店紹介をさせていただきました(なんと今回は写真入り!)。いや〜しかし、ページをめくると知り合いだらけで面白いこと。こんな小さな街に、これだけ面白い人やショップが混在している地域っていうのは、やっぱり「住んでみたい」と思うよね。
 
Nature
※写真は、『Hanako』にも掲載の名店>>「Nature et Sens」。お誕生日楽食ということで、ちぃさんのボタンのついたシャツ(気合い入れて着た)や、描きかけのスケッチも写っています。

|

« 2007鎌倉路地フェスタ とりあえず初日報告 | トップページ | 能舞台のあるお宅 »

コメント

tatchyさま

こんにちは。
路地フェス撮影隊、お疲れさまでした!
っていうか、大変なのはこれからだ。すいません、いつもお手数かけます。
でもすごく期待してます!
またネットで流しましょうね!

私もしょっちゅうN--さんの前を通っていたのだけど、妙な先入観(マダム風の・・?サロネーゼ的?)があってなかなか訪れる気がしなかったんだよね。
今回ちぃさんのお誘いで初訪問。
とっても気持ちいい、さわやかなお店でしたよ。おいしかったし。
ランチコースより、ワンランク上のメニューを、ぜひ。

投稿: すみかま | 2007/05/08 09:44

こんにちは。
鎌倉路地フェスタの映像編集 ようやく重い腰をあげました(苦笑)。

さて、記事のお店ですが気になってたお店です。
自宅に帰る途中いつも前を通るものですから。
でも、近所すぎてなかなか足が向かないんです。
そういうことってありませんか?

話しは変わりますが、過日 某お店でナマ楽食組を見かけてひそかに感動してました(笑)。ご活躍を楽しみにしております。

投稿: tatchy | 2007/05/08 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/14982043

この記事へのトラックバック一覧です: Hanakoに載る:

« 2007鎌倉路地フェスタ とりあえず初日報告 | トップページ | 能舞台のあるお宅 »