« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

浜に夏が来た!

Thai01 海の日すぎても梅雨が開けず、某書執筆中ということもあり、なかなか浜に繰り出す機会を得られずにおりましたが、・・・やっと行って参りました!
 今年もやってますよ、由比ガ浜の>>リトルタイランド。ようやく日が射した週末の夕方ということもあって、近隣在住らしきファミリーや外人さんグループで満席状態。今年は物販のお店などは少なくて、タイ料理店数軒とタイ式マッサージのお店で、スペース的にもややこじんまり。しかし質実剛健といいますか、なかなかパワーのある美味いタイ料理やデザートを出すお店がセレクトされた感じで、基本に帰って「充実!」という好印象でした。もちろん、雪ノ下の>>バーンウェンターも出てますよ!
Thai02
 ファイアーダンス集団>>火付盗賊のパフォーマンスも、新メンバーを加えてさらに洗練。いや、今年はタイランド内のデッキをステージに舞うので、浜で縦横無尽に炎を飛ばしまくっていた>>去年(動画を見る)と比べると、ちょっと迫力ダウンかな。でも、ベリーダンス風の女性ダンサーのなまめかしい演技には魅せられました。今年も毎週末、7時30分頃からショータイムが予定されているそうです。投げ銭方式なので、皆さんノリで楽しみましょうね!
Thai03
 滑川近くには、ここ2-3年姿を消していたコンビ二ampmが復活。また、河口にはドラゴンアイスや、オシャレなタイ料理の海の家が。ビーチアクティビティが体験できるNPO>>水辺の自然学校のブースもこちらに。材木座側も、浜の湯のお隣の>>Beach house Asiaが例年よりカッコ良くなってオープン。大人も子どもも、ファミリーもカップルも、それぞれの楽しみ方が見つけられそうな浜になってました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉映像フェスティバル

Kawakita01 >>プレアデス映画祭は国内4会場の日程をすべて終えて無事閉幕しました。今年は、横浜、東京でも同じプログラムが上映されました。そちらの会場では映画制作を勉強中の学生さんたちや、明らかにその筋のギョーカイとわかる方々や、が観に来て下さっていて、鎌倉の「お祭り」ムードとはまたちょっと違った雰囲気だった気がします。また横浜美術館で行なわれた>>「国内応募優秀作品上映会」には、作品を出品してくれた監督さんたちも何人か来場してくれ、当映画祭が4年目にして、日本の映像作家の卵たちの貴重な発表の場となったことは画期的だったと思います。

 さてこの夏、鎌倉でもう一つ、映画のイベントがあります。題して>>「鎌倉映像フェスティバル。なんと、鎌倉をテーマにした映像作品のコンテストです。主催は、鎌倉にゆかりある>>「川喜多記念映画文化財団」。ドラマでも、ドキュメンタリーでも、アニメーションでもOK。『あなたの鎌倉』を自由に表現して下さい!とのことです。現在作品募集中(応募〆切は8/1)。腕に覚えのある方、どうぞふるってご応募下さい!

Kawakita03 審査員は、>>『転校生−さよなら あなた−』(右写真)が公開中で話題の>>大林宣彦監督。すべての応募作品を自ら観る!と公言していらっしゃるそうですよ。25年前の名作『転校生』をはじめとする「尾道三部作」では、尾道の空気をそのままフィルムに焼き付けてみせ、鮮烈な印象を残した大林監督。今回の応募作品の中に監督の度肝を抜くような「鎌倉」が発見できるといいのですが・・。

※第一次審査優秀作品は、8/28(火)鎌倉生涯学習センターホールにて上映されます。あわせて、『転校生』(1982年)の上映もあります。入場は無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »