« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

鎌倉映像フェスティバル報告

 8/28(火)、生涯学習センターホールで第一回「鎌倉映像フェスティバル」が開催されました。主催は>>(財)川喜多記念映画文化財団。「鎌倉」をテーマにした10分以内の映像作品を広く募集し、その作品上映会と大林宣彦監督の講評がプログラム。

Kamafes02_2
 上映された作品は16作品。応募作のほぼ全てが上映されたようです。応募者の年齢は下は18歳の男子高校生から上は78歳の女性まで。大仏などをコラージュして遊んだ2分のモノクロアニメーション、2組の夫婦の鎌倉旅行をレポートした紀行もの、西御門テニスコートを整備するシルバーセンタースタッフの仕事ぶりを伝えるドキュメンタリーなどなど、テーマも内容もさまざま。さまざますぎて、大林監督も曰く「ここでNO.1を選ぶのは意味がない」と。結果、最優秀作品と最優秀生徒作品の2本を選出の予定が大きく変わり、奨励賞、佳作などあわせて8本に賞が贈られました。(右上は、唯一の生徒作品として佳作を受賞した鎌倉学園映画研究同好会の監督インタビュー)

Kamafes01
 確かにシルバー世代の作品はキチンとしていて安心感があったけれど、概して、カット割りをして撮ったフィクションに点が辛かった印象。10分という枠でストーリーを語るという難技に果敢にチャレンジしている若者たちの作品をもうちょっと応援してあげてほしかった・・!例えば左上の『beautiful days』など、琴弾橋や妙本寺や雪ノ下の路地など、鎌倉の景観のおいしいところをキッチリ押さえていて、緑したたる風景がいとおしく思える作品でした。右上は、慶應大学の学生さんたちが佐助稲荷で撮影した『遷SEN』(佳作受賞。映像の加工処理には1秒当たり約1日かかっているそうです!)

 グランプリにあたる優秀賞には、歌手の>>あがた森魚さんが若い映画監督と共同で作った『ろっけんろーどを行くよ』が選ばれました。なんと内容は全く、鎌倉に関係なかった。うーん、・・・それってどうなの??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

辻子の会「路地の夕涼み会#3」

 残暑が一休みしてくれた8/18(土)夕、小町から雪ノ下の路地を利用する住民有志の会、「辻子の会」の恒例夕涼みイベントが行なわれました。
 イベントと言っても、生ビールと焼鳥を買って、あとはそれぞれのお宅の持ち寄りによる完全手づくりの会。3回目ということもあり、参加者もまた増えて新しい方と出会いもあり、楽しく飲んで食べてしゃべっての3時間強でした。
080818
 今年は、路地に面したコンクリートの壁面を使って、写真家・山口さんの写真集や鎌倉時代から昭和までの小町・雪ノ下地域の地図のコピーなども張り出され、道行く方たちも足を止めて興味深くご覧になっていました。地図を眺めるに、この地域の道って鎌倉時代からあまり変わってないんですね。若宮大路があり、辻説法通りがあり、大巧寺があり、八幡宮の源平池も今と同じ。今、家が建ち並ぶ一帯は、いくつかの北条氏のお屋敷だったようです。
 6時すぎると、当会幹事のOさんお手製の写真ぼんぼりに灯がともされ、路地はいい雰囲気に。その後は、近所の蛭子神社のお祭りでゲットしてきた花火もあわせて、子どもたちの大花火大会。年に1回、老若男女が親しく顔をつきあわせる会、いいですよ。みなさんのご近所でも企画してみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »