« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »

気になる・・・

R0014734


これって・・


R0014737_2

壊すの? とっとくの?

どっちなんだい?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

VEGE+culture

Vegecul_out

こちら、鎌倉ベジカルチャー map vol.1。
FREE! ご自由にお取り下さい、と書いてあります。
中は・・

Vegecul_in

こんな風に、北鎌倉〜長谷〜材木座のMAP。
ベジタリアン用のメニューを用意している鎌倉のお店が載っています。
鉢の木、笹の葉、一花屋、麻心、Life Force、ソンベカフェ ・・・等々
おなじみのお店がたくさん。
裏面には「Watashi wa bejitarian desu」なんて指差し会話も出ている。
そうですよね、
きっと外国の方のほうがニーズ高いですよね、このMAP。


このナイスな企画をすすめ、営業して、実現させたのは、
市内で>>アーユルヴェーダ訪問セラピーをやっている片山佳子さん。
かわいい shine
Mskatayama

ご自身もべジタリアンでいらっしゃるけれど、
気負った感じなど全然なくて、とってもソフトな物腰。
近々、VOL.2が出るとか出ないとか。
国際観光都市をめざす鎌倉で、
本来なら市観光課や観光協会がやるべきことを
ボランティアでさらっとやってるワケです。

先日、小町通りのフレンチ、>>ブラッスリー雪乃下でご一緒した際、
肉や魚のメインのかわりにシェフが出してくれたベジメニューは
「アスパラガスのソテー」でした。
ちょびっとご相伴にあずかったけれど、
これが何とも美味。夢にでてきそうなくらいショーゲキ的美味しさ!

片山さんいわく、
「機内食でもベジタリアンメニューを頼むとおいしいことが多いですよ」って。

・・なるほろ。いいこと聞いた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉小町 パブ『龍膽』が・・

鎌倉文士が集った店として名高い、小町のパブ『龍膽(りんどう)』。

ユニオンの脇道、
氷屋さんや納言しるこの並びにあります。

R0014344


名物ママの芳野さんが店を去り、
その後別の方がお店を続けていらっしゃいましたが、
小町通りの裏手の路地に移転されて、
しばらくは取り壊しの時を待つばかりとなっておりました。


・・が、なんと。
今の佇まいが壊される前に今一度、
鎌倉野菜を使った総菜店として蘇ることになりました。

オープンは3/29(日)。
現在、若き阿部シェフを中心に店内大リフォーム中。
R0014351

サイケな感じの床ばりとか・・・

R0014343

重厚な石貼りの壁とか・・・
久々に見ましたが、やっぱカッコいいス。

『龍膽』がこの地に移って来た1960年代の内装なんだろうね。
今よりも、ゆとりがあった時代なんだろうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7ヶ月のごぶさたです

Imgp0074


いやはや。
気づけば、こちら7ヶ月ぶりの更新。
芸術祭無事おわって、リハビリに2ヶ月かかりましたよ。


留守中のあれやこれやは置いといて、
まずは超ご近所の話題「産科診療所 ティアラかまくら」を。

まさに鳴りもの入りのスタート。
世間的には、画期的!すばらしい!モード全開でありますが、
家賃や機器のリース料は鎌倉市が全額負担、
運営の赤字部分も市が支払うということを忘れてはいけない!と思うのです。

それだけの負担を市民がしているということですからね。
頑張ってもらわなくちゃ困るわけです。


「ティアラかまくら」は、「鎌倉」がなぜか平仮名(=ありがち)。
ヤホー検索だと、
秋田県横手市の「ティアラかまくら通り」というマンションかアパートが時々まざって出てくる。

ちょっと、イタい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »