« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

art project 鎌倉巡空 概要

Junku_logo
固有の文化を色濃くうつす鎌倉の「5つの名刹」と、
現代の感覚で切り取りアーティストの視点で表現する
「6人の現代美術作家」とのコラボレーション。
寺院が持つ圧倒的迫力の空間と、
その空間に触発されて誕生した作品を同時に鑑賞できる、
鎌倉ならではのアートイベントです。

寺院空間と作品との正面衝突によって生じるエネルギーが、
人々の心に浸透し、新鮮な驚きと感動をもたらす・・。
「鎌倉」と「アート」、その深くて歴史ある関係をベースに、
21世紀の日本の心を育てるプロジェクトがスタートします。

place × artist
円覚寺塔頭 龍隠庵(北鎌倉) × 鵜飼美紀
浄智寺(北鎌倉) × 千崎千恵夫
建長寺(北鎌倉) × 景山健 *11/4(水)〜
長谷寺(長谷) × >>渡辺五大>>加藤力
光則寺(長谷) × >>柳井嗣雄

【概要】
会 期 : 10.31(土)-11.05(日)
開催時間: 9:00〜16:00
*一部寺院において、会期の短縮や延長があります
*開催時間は、各寺院の拝観時間に準じます
会 場 : 北鎌倉地区、長谷地区の5寺院 
料 金 : 無料(寺院ごとに拝観料は別途)
主 催 : 2009『鎌倉巡空』実行委員会
共 催 : >>第四回鎌倉芸術祭実行委員会
特別協賛 : >>湘南美術学院
問い合わせ先:『鎌倉巡空』実行委員会
       電話 080-5488-1053
       E-mail junku@pocket.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鎌倉巡空 art project始動!

Junku_s

ついに始まりました!
art project鎌倉巡空です。
6人の現代美術作家が、鎌倉の5つの名刹にて繰り広げるアート展。
かつてない、それを言ったら世界のどこでもやったことないアート展です。

8月になって、ようやくお寺と作家さんの組み合わせが決定し、
これから個々のプロジェクトがスタートします。
さて、10月〜11月の鎌倉に、どんなエキサイティングな景色が誕生するか。
乞うご期待!です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の金宝山たき火はキツイ

真剣に暑くなりました。
金宝山も真夏です。
家の中はひんやりするものの、炎天下でのたき火はキツいbearing
・・と思うのだけれど、
ボランティア参加の若者二名、頑張ってます。

090808c

で、家の中はこんな感じ。
洋室の床を剥がし、中を掃除中。
土壁が崩れているのか、細かい土がいっぱい。
これを帚とちり取りで掻き出している様子。

090808a

和室の土台も腐っていたので、根太や大引も全撤去して、
また、たき火。
最初はおぼつかなかった作業も、だんだん板に付いてきました。
(で、服を洗濯して下さるのはお母さん?申し訳ない・・coldsweats01

この日はいつもお世話になってるボランティア帝王・Mさんも午後から参加。
ほんと暑い中、お疲れ様でした!
こんどはBBQしよう!

*金宝山の利用希望の方は>>こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深井みほ子の薬膳ヨガ

>>鎌倉古民家バンクが運営管理をしている>>「ジェーン稲村ロッジ」

海一望、この上なく贅沢な環境で、
8月から新しいヨガ講座がスタートしました。
毎週木曜日。
午前中は90分のヨガコースですが、
午後の部は「薬膳」と「ヨガ」とを組み合わせた少人数制クラスです。

090806a

薬膳って、お話を聴くととってもシンプルなんですね。
自分の身体の声に耳を傾けるというか・・・
これを知って毎日を生活すると、
無理なく、心穏やかに過ごせるんじゃないかなと思う。

090806b_2

例えば。五行でわけると「胃」と「思」は同じグループで、
胃が痛いな・・と感じたら、「考えすぎなんだな」と思えばいいんだって。
なるほろね。
そう言われると、気持ちにゆとりが生まれますよね。

090806c_2

午後コースには、若宮大路の>>茶来未さんの薬膳茶がついています。
日本茶インストラクターの菅井さんがいれてくれたお茶。
大好きな黒豆茶のフレーバー。
体にいい、10種ぐらいの茶葉がブレンドされているらしい。
薬膳×ヨガ×お茶って、新しいアプローチ。

ご興味あるかたは、>>こちら[気の巡りをつくるヨガ]


090806dとってもかわいらしい講師の深井みほ子先生。
実はこの日お誕生日だったそうで、
講座後、稲村ロッジのオーナーが初回打ち上げ兼お誕生会をして下さったそうです。

うーん、みんな気持ちがあったかいbirthday
そういう関係が生まれるお手伝いができたと思うと、私も嬉しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »