« 第6回鎌倉の市政と未来を語るシンポジウム | トップページ | たからの庭 -初日- »

今年も、銀膜はりボランティア募集!(鎌倉巡空)

さて、今週末には>>【たからの庭】オープニングが控えていますが、
どちらかというと気がかりなのは>>「art project 鎌倉巡空」

6人の現代美術作家が、鎌倉の5カ所の名刹を舞台にアートの展示をするという、
言ってしまえば簡単だけど、
それなりに胃がひっくり返りそうな思いとか、
髪の毛が逆立っちゃうような瞬間とかをくぐり抜けて、今日に至っております。

長谷寺を舞台に展示するのは、
去年>>『銀燦堂』で大きく話題を呼んだ渡辺五大氏。
確かにね、2年目だからってことでタカをくくっていましたよ。
段取りは見えてるから大丈夫ってね。

ところがどっこい、スゴい落とし穴。
「今年はお堂を銀色じゃなくて、赤銅色に」と言い切ったものの、
銅色のアルミ箔がどこからも手に入らないーーー coldsweats02 coldsweats02 coldsweats02
という、大ドンデン返し。

「神様は乗り越えられる試練を与える」(by >>南方仁『JIN』

乗り越えたのは、渡辺五大、その人。
先週、見事、二枚の「赤銅色」の試作品を長谷寺山主さまにプレゼンしたのです。coldsweats01
R0016679

さ、この「赤銅色」の正体は?

知りたい方は、銀膜はりボランティアに参加して下さいませ!
建長寺法堂の展示でも、運営ボランティアさん募集してます!
詳しくは>>鎌倉巡空ホームページで!


|

« 第6回鎌倉の市政と未来を語るシンポジウム | トップページ | たからの庭 -初日- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/46523242

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も、銀膜はりボランティア募集!(鎌倉巡空):

« 第6回鎌倉の市政と未来を語るシンポジウム | トップページ | たからの庭 -初日- »