« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

たからの庭 はたけ部活動報告1

100425s.jpg

4/25(日)、ぬくぬくの輪でにぎわうたからの庭に
米俵ならぬワラ束がひとつ。

実は、本日記念すべき「はたけ部」の活動がスタートするのです。
この上ない「はたけ日和」の空の下、
クワや鋤、スコップを手に集まって来た部員は約15名。
佐々木部長のかけ声のもと、まずは雑草を抜き、埋まっている石やガラを拾います。


100425s.jpeg

場所は、母屋の手前です。
ここは、鎌倉オリジナルの希少な植物が少ない場所ゆえ
植生を壊しても良いと判断しました。
日当りはまずまず、だけど水はけは悪そう。
部長によれば、土の養分はたっぷり。むしろ過多だって。
どんな野菜が適しているかは未知数につき、やってみてのお楽しみ!


100425t.jpeg

いよいよ、佐々木部長の指導をあおいでクワの実習です。
クワなぞ触ったこともないという部員が過半数。
佐々木家のおばあちゃんいわく「クワの前には鬼も立たね!」。
危険ですからね、重々注意して。


100425u.jpeg

ひとりづつ、ひとつづつ、畝を作っていきます。
(クワの中に「畝あげ用」という種類があることを発見!)
こういう作業を見ると、やっぱり男性は力ありますよねー。
昔はお父さんのおかずが一品多かった理由がわかった、と参加者。 ほほ。
パパの権威を取り戻すには、畝あげ姿を見せるのが一番。


100425v.jpeg

今日は時期尚早で苗が手に入らなかったので、
お豆のタネ2種と、さといも、さつまいもを植えてみました。
写真の小学生ボーイ、ずっとスゴイ集中力で参加してくれました。
うん、畑が作れるたくましい男になるぞ。


100425w.jpeg

ここでようやくワラの登場。
保湿と雑草防止のため、畝にまんべんなくかぶせていきます。
プロの畑でよく見る黒ビニールは景観上うるわしくないので、ワラ。
どこで買えるのかわからなかったため、↓ネットで注文したのは内緒。
>>宮原商店(長野市)


100425x.jpeg

約2時間弱の作業で、こんな美しい畑が誕生しました!
「まさか開墾からやるとは思わなかった(汗)」とツブやいてた方がいましたが、
その「まさか」でここまで。
滅多にできる経験じゃないです。
このあとは、モグラやリスやタヌキとの頭脳戦になるのではないかと思いますが、
とりあえず次回、5/23(日)の第二回部会を楽しみにお待ちくださいませ。


pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分快晴!ぬくぬくの輪

100425n.jpg

4/25(日)、野菜や雑貨の手づくり市「ぬくぬくの輪」が開催されました!

土地の風習や個性が反映された品物を大事にし、
大量生産で生まれた商品にはない手作りの良さ、生産者や作家の思いや、
物が生まれる環境を守りたい!
という熱い思いを共有する若者たちが企画し、呼びかけ、実現したイベント。


100425i.jpg

神奈川県内の農家さんの野菜。
この時期に安くておいしくて安全!


100425d.jpg

100425c.jpg
100425r.jpg

手帳、アクセサリー、布小物、絵はがき、ほうき・・・
お客様と対話しながら、作った人が売ってます。


100425k.jpg

100425q.jpg
100425e.jpg

けんちん汁と焼きおにぎり、とろけるようなつぼ焼き芋。手づくりパン屋さんも。
食べ物関係は早々に完売!!


100425o.jpg

100425h.jpg

新緑や岩の舞台に囲まれたアウトドア市。
ほととぎすの声がBGMです。


100425a.jpg

100425p.jpg

ホールでは御園井先生の和菓子ワークショップが(うぐいすもちっ)。
庭では佐々木ハカセの雑草ワークショップが。
いずれも大盛況!


100425g.jpg

なんと、来場者は500人だったそうです。
この土地が開かれた鎌倉時代までさかのぼっても、
こんなに人が訪れたのはきっと初めて。

マイナスのオーラがいっさいない。
そこにいる人みんなが気持ちよい時間を過ごしていると伝わってくる。
ほんとに不思議なくらい素敵な空気に包まれていました。
出店者の皆さん全員、そしてご来場の皆さんも、
人を思いやる気持ち、優しさを持った方ばかりだったんだと思います。


100425m.jpg

こちら、手前の3人が無敵の「ぬくぬくの輪」実行委員です。
人と競わない、でもポリシーを持って頑張る。
そんな価値観を持つ世代なんだろうなと、まぶしい気持ちで見守らせてもらいました。

Aくんが持っているカエルは「カンパ箱」。
出店料をとらないかわりに、儲かった方は少しだけカンパしてくださいって。
カエル、夕方には、ずいぶんお腹いっぱいになってたみたいですよ。
ぬくぬくとあったかいイベントで、私たちもぬくぬくの幸せをお裾分けしてもらいました。

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬膳ヨガのランチ

100418c.jpg

北鎌倉たからの庭、
4/18(日)、深井みほ子の薬膳ヨガ、3回目の開催です。

100418f.jpg

今回は、具をパンにのっけて食べるというプレートランチ方式。

100418e.jpg

それぞれの具材には効用が書いてあります。
これは「気」のごはん。

100418a.jpg

ひじきのお惣菜は「血」ですね。

100418h.jpg

「津をつくる」は、ココア味のお豆腐ペーストだそうです。(津ってなに?)

100418g.jpg

豆乳のチャイはデモンストレーションしながら。

100418d.jpg

メニューのレシピは手書きで。
だんだん深井ワールドが自由自在に展開できるようになってきました。
ステキです。

深井先生のブログ記事は>>こちら

100418b.jpg

そして今回も、カメラはギャラリーてくてくのuiさん。
レトロモードで撮影されたそうですよ。

レトロモードでたからの庭がさらにレトロです。

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たからの庭 [阿部剛シェフ VS 山野草]

料理ワークショップ 5/9(日) (1)11時〜  (2)14時〜
>>http://takaranoniwa.com/program/workshop/post-21.html
【料金】3,500円 小学生〜高校生1,500円(材料費込み)
【定員】1回10名(要予約/先着順)
【持ち物】エプロン、筆記具など。

フキ、ミツバ、ユキノシタ、アシタバ、セリ、ヤブカンゾウ・・・。
この季節、たからの庭には「食べられる草」がたっぷり。
これらの植物が含む苦みの成分は、冬の間に体が蓄えた脂肪を落とす効果があるとのこと。
そんなとれたての「自然のエネルギー」をみんなでワイワイ言いながら楽しく味わう会、をしたいと思います。
調理人としてお招きするのは、この人をおいて他にない。
>>『鎌倉総菜』シェフの阿部剛さんです!

kamakurasouzai.jpg

鎌倉駅から徒歩3分。09年3月にオープン以来、旬の食材を使った美味しくて身体にやさしいお惣菜で、あっという間に鎌倉の人気店となった 『鎌倉総菜』。満月の夜だけに開催される、魅惑の「満月ワインバー」も評判です。
そんな鎌倉総菜の阿部剛シェフが、ついにたからの庭に登場します。
食材として使うのは、基本的に「たからの庭の山野草たち」のみ。
参加者と一緒に庭をめぐって食材となる植物を選ぶところからワークショップがスタートします。
素材にこだわり、その美味しさを引き出すことにおいて定評のある阿部シェフですが、さて、当日どんなメニューが登場するのでしょう?
ぶっつけ本番。阿部剛シェフのはかり知れない才能が試されるスリリングな現場に立ち会いたい方、大募集中!

yasou.jpg

【当日の流れ】
1. 簡単な説明のあと、庭に出て食材になる山野草を採取しながら植物観察。
2. 下ごしらえ。全員で土を落としたり刻んだり。
3. シェフによる調理スタート。皆さんにもお手伝いいただきます。
 もちろん、ご自分でこだわりの一品を作っていただいても構いません。
4. 「試食」という名の楽しい食事会。
5. 全員でお片づけよろしく!


【講師プロフィール】

abe.jpg
阿部剛 (あべつよし)」
鎌倉市小町、ユニオン脇の路地で人気店>>『鎌倉総菜』を営む料理人。都内の人気イタリアンや有名フレンチレストランで働いたのちにフランスに渡り、ミシュラン一つ星レストランなどで修行して帰国。東京の人気レストランでの勤務中、第一子が誕生したことがきっかけとなり、食育をテーマに活動をしていきたいとして独立。H21年3月、鎌倉にて総菜店をオープンし、日々、美味しくて身体にやさしい総菜を創作中。


【山野草アドバイザー】 「佐々木知幸
編集者であり、庭師見習いであり、たからの庭・はたけ部部長。草木に関する博学ぶりには誰もが脱帽。不定期開催の「雑草を知るワークショップ」には毎回多くの参加者が集まります。今回、食材とする山野草の採取にあたっては、事前にしっかりアドバイスをいただきます。

--------------------------
お問合せ・ご予約はこちら

メール: takaranoniwa@pocket.co.jp
電話: 080-5488-1053(島津)

◇申し込み締め切り 5/6木
◇できるだけメールで、下記をお知らせください。
 【1.参加希望日時】
  (1) 9日(日)11時〜   (2) 9日(日)14時〜
  *小雨決行 荒天時は翌週5/16(日)に延期します。
 【2.人数】
 【3.お名前】
 【4.ご住所】
 【5.当日連絡のつく電話番号】
◇火を使いますので、就学前のお子さんの参加はご遠慮ください。
◇参加費は事前のお振込をお願いしております。ご了承ください。
◇こちらから折り返しご連絡いたします。1-2日待っても連絡がない場合は、メールトラブルの可能性があります。電話でご確認ください。

--------------------------
pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たからの器づくり/陶芸ワークショップ

もと「鎌倉陶園」として活況を呈したたからの庭で、
3/14(日)、はじめて陶芸のワークショップを開催しました。
http://takaranoniwa.com/program/workshop/post-9.html

講師はときわ工房主催のREI先生。
午前の部はファミリーで参加の方も多くにぎやか。

100314d.jpg

今日の企画のミソは、
お皿に絵柄を描く時に、たからの庭の植物を使いましょう!というもの。
さっそく、お気に入りの植物を探しに広い庭にでかけます。

100314e.jpg

知らない人どうし、最初はちょっとぎこちなかった皆さんも、
庭に出るとウキウキとした表情になるのが面白い。

今日の一番人気の植物は、こちら。

100314g.jpg

鎌倉石の岩盤から顔を出したばかりの、イワタバコの若葉です。
しおしおした触感が、なんとも。


100314f.jpg

あら、そんなに?
いいですよー、じゃんじゃん使ってください。
葉脈がくっきりしているものが、上手くいくようですよ。
葉っぱだけじゃなくて、枝やゼンマイもいいですね。


100314h.jpg

植物がそろったら、いよいよ土の整形です。

100314i.jpg

ここぞとばかりに、どんどん、どすどすと思い切ってやってもらって結構です!
みなさん、粘土遊びなんて何年ぶり?とか言いながら。
土をこねるって無心になっちゃいますよね。


100314j.jpg

さ、採って来た植物を表面に押し付けてみましょう。
あまりギュッと押さない方がいいのですが、
輪郭をうまく出すのにちょっとコツがいるみたい。。。


100314c.jpg

できたっ!!(おっ、ハート型)

今日の作業はここまでで完了。
龍のイラストや風景画を描いて、植物でアクセントをつけた方もいらっしゃいました。
釉掛けと焼成はREI先生におまかせ作業です。
さ、植物のシルエットがうまく出るでしょうか?
お楽しみは1ヶ月後に・・・




じゃ〜〜〜ン!

100314a.jpg

できてきましたよー。
ぜんまい、くっきり出てますねー。
どうってことない雑草もきれいな模様になっちゃいました。
お皿の形もみなさん個性的でおもしろい!

100314b.jpg

イワタバコの葉っぱも、ご覧の通り。
しぼしぼ感が上手に刻まれています。

完成したお皿はギャラリーてくてくさんで、5月15日頃までお預かりしています。
楽しみに、とりにいらしてくださいね!

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥が深いねン、ふだんきもの講座

今日は、今月初開催の「ふだんきもの講座」。
その楽しさをお知らせしたくってレポートです。
下写真は、参加者の方にぴったりの半襟を合わせてみているところ。

100413b.jpg

白半襟っていうのは、
お嫁さんに行くときや、よほど正式なときにしかしないとか。
で、お顔をひきたてる色柄の半襟を選んでみるんだけど、
同じ黄色系でも微妙な色加減や素材によって、全然顔うつりが違うんですよ。

100413c.jpg

一枚一枚、首もとにあててみると、
「あ、これはダメ」
「あ、こっちが全然イイ」っていうのがよくわかる。

帯ときものの格をあわせることとか、
もちろん季節感もあるけど、年齢とか、きものならではの色あわせとか、
きものの広報ウーマン、
いや、美しききもの伝道師・津田先生のお話には
「へえぇぇー」ということが続出。

きものって奥深い!!

いわゆる着付け教室でも、お店でも、
そこまでの知識は与えてくれないですよね。

100413a.jpg

お着物をお持ちの方は、
帯一本でも浴衣一枚でもいいので、
それを手に参加されることをおすすめします。
知識があれば無駄な衝動買いを防げて、絶対おトクと思いますよ。

次回は5月の8日(土曜)と11日(火曜)予定。
こんな素敵な「手毬限定ランチ」もついてますねんで。

100413d.jpg

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産業遺跡

今夜NHKの『クローズアップ現代』で、
廃墟をめぐる旅が大人気だという話題。

R0015562.JPG

近代化産業遺産である元・精錬所をアートと結びつける
瀬戸内海 犬島での福武財団での試みが紹介されていた。

fac-kama.jpg

一方、たからの庭。
この間、この窯をみてくれた方が
これは大正時代に普及した窯で、いまどきはほとんど残っていないはずとおっしゃていた。
だから文化遺産として、大切にした方がいいって。

そっか。
ささやかながら、たからの庭も産業遺跡なんだよな。と気づく。

そこが普通の古民家との違いなんだよね。

古民家、自然。さらに遺構。
この3つの視点を常に意識していなくては。

大変なことかも。

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おきものと和菓子と春ランチ

100410b.jpg

こちらが、ウワサの"手毬"限定スペシャル・ランチでございます。
なんでまあ、こんなにセンス良くステキにつくれるんでしょう。
さらにいつだっておいしいんだから。


4月の和菓子1day講座、テーマは桜。
3月の桃とはちょっと違うぼかしテクがポイントです。

100410e.jpg

こちらは、イギリス留学からご帰国中というお嬢さんとお母様。
楽しそうです。


100410c.jpg

なかなかいい感じ。
初挑戦とは思えない、プロの手つきですねー。


お隣の和室では、第一回目のふだんきもの講座開催中。
まずはモデルさん(誰!?)で、半幅帯のかわいらしい結び方の実習。

100410a.jpg


お太鼓の結び方がわからない、という方と、
衝動買いしちゃったという半幅帯をお持ち込みになった方と。
講師の津田先生がマンツーマンでご指導。

100410f.jpg

いわゆる着付け教室はたくさんあるけれど、
自分が知りたいことをピンポイントで
きめ細かく教えていただけるこんなきもの講座。
なかなかありませんよね。


100410d.jpg

今回のステキな写真はすべて
ギャラリーてくてくのuiさんが写してくれました。
どうもありがとう!

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬくぬくの輪〜坂の上の手づくり市

アウトドア市
 4/25(日)10:00〜17:00
◎ぬくぬくの輪 >>サイト
◎入場無料
◎雨天時などには、イベントが中止になることもあります。

nukunuku_s.jpg
 >>『ぬくぬくの輪』は、 大量生産で生まれた出来上がった「商品」には無い その土地だからこそ生まれた美味しい味や その人だからこそ生まれた手作りの作品を大事にしたい

それはつまり
その土地の「伝統」と「環境」を守り
人間の命から溢れる「個性」を大事にすることにつながるはずだから

ぬっくりとたたずむ「たからの庭」に集めた
息づく手からうまれた「ぬくもり」あるあたたかいモノたちに
あなたも触れてみませんか?
出会うこと、買うこと、食べること
そんな1つ1つがこれからの未来に「ぬくもり」をつなげていくことを願って
私たちはぬくぬくの輪を開催します

「ぬくぬくの輪」がぬくもりの輪を広げるきっかけになりますように




●ぬくぬく野菜で心も体もぬっくぬく●
無能薬などのこだわりを持って野菜を生産する神奈川県内の農家を集め、
「美味しい」と思わず言ってしまう野菜たちを販売します!!
この時期ならではの旬の野菜の味を楽しんでいただくため、
野菜販売のほか、小さなカフェを開きます。
シンプル料理で心も体もぬっくぬく!
▼横浜の農家 苅部博之さん ▼小田原の農家 小沢和義さん

nuku2.jpg
nuku1.jpg


●手作り作品を手がけるアーティストたちの出展●
時に器用で時に不器用な「手作り」を大切にしたい
作品1つ1つには、その人だからこその想いが詰まっています
作り手さんと直接話し、そんな想いに触れてみませんか?

▼版画の家鴨屋さん    ▼ガラスアクセサリー 蜜里さん  
nuku02.jpg

nuku01.jpg


▼中津箒の吉田慎司さん  ▼ノートや手帳「JUNJUNi」の平野順子さん
nuku04.jpg
nuku03.jpg


▼絵画の星きららさん   ▼ハンドメイドジュエリー LCFさん 
nuku06.jpg
nuku05.jpg


▼創作和菓子 手毬さん   ▼羊毛フェルト 宮野あき子さん
nuku08.jpg
nuku07.jpg


▼つぼ焼芋 やきいも日和 ▼洋服とシルバーアクセサリー marumiさん
nuku10.jpg
nukunuku16.jpg


▼さしこやさん      ▼絵本作家 シゲタサヤカさん
sashiko5.jpg
manaitani.jpg


▼竹細工 吉田三千夫さん 

●ぬっくりとたたずむたからの庭の自然●
北鎌倉の山の自然に囲まれたたからの庭
緑の匂いや土のさわり心地にほっとしてみたり
大きく空気を吸い込んでみたり

 ▼たからの庭・はたけ部 スタート!
たからの庭に畑を作ります。
一緒に土を耕したい方、畑の手入れをしたい部員を大募集。
種まきから収穫まで、1年通して作業に参加できる方優先です。
2ヶ月に一回ぐらい、苗を植えたり草を抜いたり収穫したり。
参加できる人が集まって活動する「部活スタイル」です。

1回目は、雑草だらけの地面にクワを入れて掘り起こし、
1時間ほどかけて畑のかたちに整えます。
山からの水、落ち葉の堆積によってすでにいい感じになっていると思われる
たからの庭の土壌で育てるにはどんな作物が良いか、
年間の作業の計画も一緒に考えましょう。
ためしに、サトイモ、オクラなど2、3の野菜を植えてみるかも・・?

◇日時:4月25日(日) 10時30分~ 1時間半ぐらい
◇定員:15名
◇部長:佐々木知幸(編集者、庭師見習い)
◇参加費:1000円(高校生まで無料)
◇要予約 takaranoniwa@pocket.co.jp まで
◇雨天中止
◇持ち物:軍手、長靴、あればスコップ、クワ、移植ゴテなど。小さくても構いません。
◇今回は参加できなくても「入部したい」という方はメールください!

 ▼雑草を知るワークショップ
  ↑↑ 詳細はこちらをクリック

---------------------------
◎お問い合わせ先
 ぬくぬくの輪実行委員会
   明石仁志実 西海亜希 綾部太輔
 メールにてお気軽にお問い合わせください。
 メール nukunukunowa@gmail.com

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和たから講座[雑草を知るワークショップ]

ぬくぬくの輪 開催記念SP 4/25(日)
A.13時半〜  B.15時〜
【料金】1,000円
【定員】1回10名(要予約/先着順)
【持ち物】筆記具など。

たからの庭には、県内でも希少になってしまった日本在来種の雑草が元気に茂っています。広い敷地を巡りながら、植物雑学ハカセ・佐々木知幸先生と草木についてのよもやま話。

今回は >>「ぬくぬくの輪〜坂の上の手づくり市」イベント開催記念企画として、ちょっぴりショートバージョンでの実施です。

100322-942.jpg
100322-944.jpg

小さな、踏んずけられてる雑草にも名前があって、性格があって、
季節が巡ると可愛い花を咲かせます。
そんな小さな命に思いを馳せるひとときは
子どものころの目線を取り戻したみたいで、とても楽しいですよ!

庭の様子は刻々とうつりかわります。
4月5月のたからの庭にはいったいどんな植物が、
どんな風に顔をだしているでしょうね。

前回の開催レポートは >>たからの庭blog

【講師プロフィール】

mrsasaki.jpg
「佐々木知幸」  
編集者であり、庭師見習いでもあり。たからの庭の若きご意見番。草木に関する博学ぶりには誰もが脱帽します。千葉でオープンガーデンをめざして修行中。

たからの庭では「はたけ部」もスタートします。
こちらの詳細は>> ぬくぬくの輪 のページをご覧下さい。

--------------------------
お問合せ・ご予約はこちら

メール: takaranoniwa@pocket.co.jp
電話: 080-5488-1053(島津)

◇申し込み締め切り 3日前まで 
◇できるだけメールで、下記をお知らせください。
 こちらから折り返しご連絡いたします。
 【1.参加希望日時】
  A. 25日日曜13時半〜   B.25日日曜15時〜
 【2.人数】
 【3.お名前】
 【4.ご住所】
 【5.当日連絡のつく電話番号】
◇雨天時は開催延期とさせていただきます。
 その場合当日の朝7時までに、たからの庭ホームページのTOPにてお知らせします。
--------------------------

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »