« プライベート茶会 | トップページ | 陶芸体験・たからのうつわ作りin北鎌倉たからの庭 »

「茶カブキ」って言うそうです

5/22土曜は、4回目の日本茶サロン。
今回は新茶のシーズンにあわせて、日本茶の香りをテーマに開催しました。
ちょっとお遊びを取り入れて、ゲーム形式で5つのお茶の香りと味を愉しみます。
渋いお着物姿で参加してくださった男性も1名。

100522j.jpg

テーブルに並んだのは、
手前から、ぶどうの香りの香寿、桜葉の香りの静7132、花の香りのほくめい、ハーブの香りの香駿、そして新茶のめいりょく&やぶきた。


100522b.jpg

ご参加の皆さんは、まず5つのお茶の香りと味を体験して、
そのあとシークレットで出されるお茶の名前をあてていただきます。
これ、「茶歌舞伎」と言うそうですね。
南北朝時代から室町初期の東山時代に流行した由緒ある遊び。
別名「闘茶」。ま、かんたんに言うと「お茶あてゲーム」です。

早川先生がシールと台紙を用意して来てくださいました。
(実は早川先生は、昨秋の第一回京都大闘茶会で見事優勝したというスゴい方!)


100522i.jpg

まずは香りをたしかめる。
茶葉をすくって、くんくんします。
先生曰く、今回のお茶はどれも香りが強いから簡単でしょ〜?
・・・いやいや、皆さんの表情は真剣そのもの。


100522h.jpg

そして、次にお味です。
「これおいしいー!」なんて盛り上がっている場合じゃないみたい。
感じたことはメモして、本番に備えます。


100522g.jpg

さ、いよいよ。
名前をふせてお茶を淹れていただきますよ。


100522f.jpg

飲んだら、「これ!」と思う色のシールを貼って・・・
ところがなかなか貼れません。
ううーん、と頭かかえちゃったり笑っちゃったり。
ちらっと拝見するに、かなり意見が割れてました。
「あら?難しかった?」って、実は嬉しそうな早川先生。


100522c.jpg

はい、答え合わせですー!
なんと全問正解者はお二人いらっしゃいました!
あとの方は、1杯目のほくめいと香駿を混同しちゃった方が多かったみたい。残念!


100522e.jpg

ひとことで日本茶といっても、いろいろ違うんですよね。
もちろん、淹れ方によっても香りの出方や味わいが変わってきます。
今回一番人気だったのは、ぶどうの香りの「香寿」。
これはもう、口に含んだとたん、その香りにとろけちゃうみたいな幸せ感♡


100522d.jpg

さ、茶歌舞伎でキンチョーしたあとは、
お気に入りのお茶で、手毬さんの和菓子をゆっくりいただきます。
今日のお菓子は、青梅。
梅のかけらがちりばめられていて、こちらも上等な香り。


100522a.jpg

いかがでしたか?茶歌舞伎体験。
こんなお茶の愉しみ方、なかなかオツですよね。
お茶好きなお友達同士で、トライしてみたらいかがでしょう?

ちなみに今日の全問正解のお二人には、
大好きとおっしゃった「香寿」をミニお茶缶に入れてプレゼントしました。
とっても喜んでいただきました!

(写真は、陶芸窯前の黄菖蒲。まだ見頃はこれからです!)


pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

|

« プライベート茶会 | トップページ | 陶芸体験・たからのうつわ作りin北鎌倉たからの庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36419/48437135

この記事へのトラックバック一覧です: 「茶カブキ」って言うそうです:

« プライベート茶会 | トップページ | 陶芸体験・たからのうつわ作りin北鎌倉たからの庭 »