« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

「かまぼこを作ってみよう」ワークショップ

鎌倉の老舗・井上蒲鉾店>>ホームページが、蒲鉾づくりのあれこれを体験できるワークショップを開催します。
ホットプレートや簡易の揚げ機を使い、練り製品を作って試食していただきます。

Inouekamaboko

◇おおまかな内容
・蒲鉾はどうやって作るの?(座学)
・手作り「さつま揚」を作ろう
・「焼き蒲鉾」に挑戦

◇講師:牧田芳明(井上蒲鉾店)

inouekamaboko06.jpg
(写真/かまぼこの成形のようす)

【日時】9/25(土) 10時半〜 約2時間半
【料金】1,500円(材料費込み)
【定員】15名
【持ち物】おてふき、エプロンなど

--------------------------
お問合せ・ご予約はこちら

井上蒲鉾店
メール: info@inouekamaboko.co.jp
電話: 0467-22-1133

◇下記をお知らせください。
 【1.人数】
 【2.お名前】
 【3.当日連絡のつく電話番号】

--------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子緑茶教室、大成功!

100823a.jpg

8/23、足柄茶業センターの協賛により
親子緑茶味わい教室が開催されました。
ご提供いただいた足柄茶。神奈川県特産品のお茶ですよ〜!

100823b.jpg

予想を超えた残暑でしたが、小学生と幼稚園生6人とママが集まってくれました。
おなじみ日本茶インストラクターの早川先生、
まずは足柄山の金太郎の話で子どもたちのハートをキャッチ。


100823c.jpg

最初はお菓子を置く懐紙の折り方から。
折り紙の感覚で、みんな上手です。
今日のお菓子は、北鎌倉のお菓子・おおかねもちを用意しました。


100823d.jpg

いよいよお茶の葉を急須に入れる作業です。
スプーンではかって、表情は真剣そのもの。


100823e.jpg

あらかじめお茶碗をあたためて温度を下げたお湯を急須に・・・


100823f.jpg

急須の中でお茶の葉がゆっくり広がって行く様子を
じっくり観察してみましょう。


100823g.jpg

急須からお茶碗に注ぐ作業、
蓋を落とさないように気をつけて、集中ーーー!


100823h.jpg

いかがですか?初めて自分で淹れたお茶。
みんなおいしそうに飲んでくれました。
お煎茶の味がわかってくれて嬉しい!


100823i.jpg

三煎目まで味わってから、今日のハイライト。
煎茶をオーブントースターで熱してほうじ茶に変身させてみます。
みんな興味津々、のぞきこんでいます。


100823j.jpg

できたてほうじ茶はアシスタントの先生にいれていただきます。
ほんとに味も変わったのかな?


100823k.jpg

最後は、美味しいお抹茶のシロップでかき氷をいただいて幸せ♡

1時間ちょっとの講座でしたが、
みんなずっと目を輝かして参加してくれました。
ママたちにも「ほんとにおいしいお茶」と大好評でした。
中には、おばあちゃまと三世代で参加してくださったファミリーも。
こんな夏休み体験、ステキですよね。

みんな「パパにもお茶淹れてあげる〜!」とはりきって帰っていきました。
今はペットボトルの手軽なお茶も多いけど、
時間と手間をかけて淹れる日本茶のおいしさ、
子どもたちにちゃんと伝えてあげたいですよね。

幼稚園や小学校などで緑茶講座をやりたい方、
出張も可能ですので、どうぞご相談くださいね。

早川先生、アシスタントのインストラクターさん、
どうもありがとうございました!

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉野菜の料理教室

8/8、連日の酷暑がちょっと一休みしてくれた日曜日、
第1回鎌倉野菜の料理教室がありました。

R0029965.jpg

今回は鎌倉駅で集合し、
講師の大瀧先生と参加者の皆さん全員で、鎌倉の野菜市場に出かけて材料を物色。
最年少参加のKくんも、うず高く積まれた新鮮野菜に興味津々。


R0029975.jpg

ちょうど端境期で、目新しいお野菜はあまりありませんでしたが、
野菜の選び方のミニ講座つきで
パプリカ、タマネギ、ナス、ごぼうなどを無事ゲット。
バスに乗ってたからの庭に向かいます。


R0029980.jpg

こちらに並んでいるのが今日の食材。
色とりどり、美しくておいしそうですね。
中には、先生が産地から取り寄せたトマト「シシリアンルージュ」や、
鎌倉の家庭菜園で育ったゴーヤもあります。
右はじ、黄色くまんまるなのが、カボチャとズッキーニを掛け合わせたコリンキーですね。


R0030002.jpg

メニューの説明のあと、
さっそく全員で手分けして調理をスタートします。
まずは野菜をカット。
パプリカはコンロで直火にあて、真っ黒になったら水につけて皮をむきます。
大瀧先生の手際の良さはさすが。


R0030004.jpg

トマトは湯むきします。
熱湯につけて、冷水にとるとクルンと皮が向けます。
ポイントは一度にたくさん鍋にいれないこと。
お湯の温度が下がってしまうと、かえって時間がかかってしまうのだそう。
こういう作業は、お子さんのお手伝いに最適!


R0030006.jpg

全員でワイワイと仲良く楽しく下ごしらえ。


そして、ほどなく・・下準備完了。
新鮮野菜のみずみずしいエネルギーが感じられますね。

R0030010.jpg


炒めて、煮込んで、簡単な味付け。
手を動かしながら、随所で先生の「料理の極意」を伝授していただきます。

一番面白いなと思ったのは、「お料理しているときは素材の声をきいてあげて」というもの。
レシピに頼るんじゃなくて、素材と対話しながら作ると愛情がギュッとこもって美味しくなるんですよって。

今回もタマネギが「もうちょっと炒めたら、もっとおいしくなるよー」と言っていたらしいです(*´∀`*)

そして30分ほどで・・・

R0030030.jpg

リコピンたっぷりのラタトィユが完成。
米粉(こめこ)麺と半熟卵を添えて、栄養バランスも満点です。
2種のハーブティーと、
じゃがいもで作ったビシソワーズも召し上がっていただきます。


R0030042.jpg

さらにもう1品。
見た目に涼しくてかわいらしいトマトのジュレ。
こちらは大瀧先生が作ってお持ちくださったもの。
シシリアンルージュの甘さが引き出されて、デザート食感。


R0030037.JPG

はい、全員着席して、「いただきま〜す♪」
「おいしい〜!」の声があちこちから。

今回のラタトィユは米粉にあうように和風の味付けなんです。
トマトとタマネギの甘みが口に広がって、食べやすいこと。
野菜たちも「おいしくしてくれてありがとう!」と言っているような??
野菜のエネルギーがどんどん体に入ってくる感じ。
まさに、「恵みをいただいている」っていうのかな。


R0030017.jpg

ご協賛いただいた米粉倶楽部さんからは、
全員に「発芽玄米マカロニ」がお土産に。
もちろん今日のレシピもお持ち帰りいただいて、
ご家族にもこのお味をお裾分けしてあげてくださいね。

「今度はいつですか?」と参加者の皆さん。
大瀧先生のお仕事の都合でお約束できないんですが、
できれば春夏秋冬の野菜メニュー、やりたいですね。
また来てくださいねー!

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某陶芸作家の本気&畑部報告

100725a.jpg

ある日、たからの庭に行くと窯の前がスゴいことになってる。
窯小屋に覆いかぶさって茂っていた枝が落とされて、
正面に山積みになってる(↑写真)。
まわりの雑草もキレイに刈られて、窯小屋の側面がむき出しになってる。
つまり、スッキリ。

これを見たカワセミ工房のNさんいわく、「彼、本気だったんだな」。

本気を見せたのは、
鎌倉山のけやき工房の若き陶芸作家・谷野氏。
秋から、kamakura山陶芸工房の檀上氏とともに、
たからの庭で陶芸体験講座をスタートさせたいとおっしゃっている。

「まず窯のまわりの緑をスッキリさせて、風通し良くしないと・・」と。
そして「僕、刈りに来ますよ」と。
猛暑を避けて朝の6時半から作業をしたらしい。
すごい、本気だ。あっぱれ。


100725d.jpg


彼に負けじと、25日夕方の「お掃除タイム」は少人数、短時間集中で。
刈られた枝を燃やし、アプローチのシャガ以外の植物を徹底的に排除し、
檀上氏は赤煙突のまわりの雑草をバリバリとはがして、こちらもスッキリ。
気持ちいいです。

100727a.jpg


見苦しくなりつつあった畑もスッキリと。
枝豆と金時豆の収穫↓↓は、フードコーディネーターの大瀧さん担当。

100725b.jpg

枝豆は前回の畑部でもいただきましたが、
歯ごたえしっかり。無農薬で、最上のお味。

が、金時さんは・・

100725c.jpg

残念ながら、こんな感じで食用にはほど遠い感じ。
たくさん収穫して、あわよくば御園井さんにお菓子にしてもらって・・・
なんて甘い妄想を見事に消し去ってくれました。

うーん、梅雨のじめじめと直後の連日の猛暑。
さすがにハードだったのかな。
お世話もちゃんと毎日できなかったからな・・・

畑部の皆さん、
まだサトイモとサツマイモが元気に残っていますからね。
秋の活動再開をお楽しみに・・・!!


pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »