« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

月と暦と玄米七草粥の会

1/22土曜日、「月暦シリーズ」第一回開催。

・・え?1月下旬なのに、お正月のお飾り?

110122l.jpg

そうですよ。
だって旧暦で言ったら、今はまだ年末ですもん。
ほんとの新年は、太陽暦で言うところの2月3日から始まるんですよ。
って、やや強情とも言える企画をスタートさせたのが、この方。


110122k.jpg

プラネタリウムプランナーの河合準子さん
言うまでもなく、月や星、天体の専門家です。
ずっと月の満ち欠けを暦の目安にしてきた日本人が、
太陽暦に従うようになってから、季節とライフスタイルがズレてきちゃった、と。

例えばね、お正月7日に食べる七草がゆの七草だって、
1月の頭にはまだ顔を出していないものがあるでしょう。
2月っていうのは、まだ寒いけど自然界では「春」の準備が始まる時期なんですよ。


110122j.jpg

そういうわけで、
今回は、玄米の七草がゆを作って食べましょうというお楽しみ付きのプログラム。
けど、ここはたからの庭。スーパーで買った「七草」なんざ使いませんよ。
まずははたけ部さんの畑から、大根(すずしろ)を失敬。
まだ細っ(ごぼう以下)! 
でも葉っぱは立派だから2株ほどいただくことに。


110122i.jpg

お次はセリとハコベラを採取します!
ハコベラはいっぱい顔を出してますねー。
やわらかくて美味しそう。
夏にイヤというほど繁殖するセリは、まだ弱々しくて見つけるのにやや難儀しました。
でもみなさん楽しそう!


110122e.jpg

摘んで来た草は、
マクロビオティックの先生、瀧本さんとアシスタントのミナちゃんに預けます。
「一物全体」食品をあますところなく食べる、がマクロビオティック奥義の一つ。
根もきれいに洗って下さって、


110122h.jpg

ほら、雑草だったはこべがこんなおいしそうなお野菜に!

玄米がゆの準備が進む間、
私たちは河合先生と、しっかり暦のお勉強をします。


110122g.jpg

昔のひとたちはお正月をどんな暦で祝ったの?
仏滅、赤口、友引などの「六曜」ってどうやって決まってたの?
だいたい初夢といえば「一富士、二鷹、三なすび」って言いますけど、
夢にナスが出てくることって普通ありますか?ないですよね?

それはもう、「へええー」トリビアの連続です。


110122f.jpg

さらに、太陽と月、地球の大きさのお話やら、
星座や星の明るさのお話やら、
びっくり仰天が出てくる出てくる。
ついには「巨人のワキの下」にツボった方、多数。
いや、これ、あるカッコイイ星のオリジナルの名なんだそうですけど。
困るよねー、そんな名前つけられたら。


110122d.jpg

河合さんのキャラとトークで、場内すっかりあったかくなったところで
先生役を瀧本さんにバトンタッチ。

お粥にいれる七草をまな板でトントン刻みます。
この時、包丁運びに調子をあわせて歌う「七草囃子」っていうのが
日本の各地に伝わっているんですよ。

♪七草ナズナ、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、なずな七草  手につみ入れて・・
・・なんだか流行の鳥インフルエンザ対策を連想させるような歌詞 Σ(゚Д゚)
茅ヶ崎のおじいちゃまが歌っていたのを思い出した、という参加者さんもいらっしゃいました。


110122c.jpg

やわらかく炊きあがった玄米かゆに、七草を投入して、
きれいな七草がゆの完成です。

白米ではなくて玄米をいただくのもマクロビオティックの特徴ですね。
玄米って茶色くて硬くておいしくない?
いえいえ、調理法次第でぐんっと美味しくなるんです、と瀧本先生。
今回、そのコツもたくさん教えていただきましたよ。


110122b.jpg

ハイ、玄米七草がゆ。おいしいですっ!
お腹の中からホコホコするみたいにあったまる。
お粥ってどうも頼りなくっておいしく思えない人も、これならオッケーでしょう。
玄米ならではの歯ごたえと味わいで、絶対満足できますよ!
つけあわせは人参の甘酒漬。
昆布と椎茸の佃煮梅風味を一緒にいただくと、なお美味♡


110122a.jpg

みなさん、幸せそうなお顔になってますね。
あー良かった。
またまた素敵な企画がたからの庭に誕生しました。


みなさん、続々とご自身のブログで感想をアップしてくださってます。

noco*noco ***note
スイッチいれよう、ヨガしよう!(深井みほ子の薬膳ヨガ日記)
HONEY*DAY*HONEY
うららのゆるゆる日記

それぞれの視点でのレポ、楽しい!!ありがとう!


そして堂々と言いましょう。
まだ新年は来ていない。
大掃除はこれからでOK!
新年の誓いもまだ間に合うぞっ!!

※月と暦とマクロビオティックの会、次回は3/19(土曜)に開催予定。
春分を祝って、みんなで玄米ぼた餅を作っていただきますよ。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン♡フラワーケーキに挑戦

110211l
今年のバレンタインのプレゼントに、お花でできた可愛いケーキはいかがでしょう?思わず食べてしまいたくなるようなバースディケーキ風のフラワーアレンジメントです

バレンタインの食卓に飾れば、ロマンチックなムード満点!
まったくの初心者でも丁寧に指導していただけるので、目をみはるようなキュートなアレンジに仕上がります。

講師としてお迎えするのは、フラワーデザイナーとして国際的な舞台でも活躍する庄司裕子さん。実は、たからの庭はたけ部員でもあるんですよ! そんなご縁で、今回特別に初心者向け講座をお願いしました。
お花の切り方、扱い方、色合わせのコツなども伝授いただけるとのこと。楽しみながら、お花のプロの技を学べるお得な講座になりそうですね。


110211-a.jpg


*花材は、直前に市場で仕入れてきますので写真の作品とは多少異なります。当日をお楽しみに!
*ケーキのようにお皿にのせた作品になりますので、平らにして持ち帰れるように、マチのある紙袋をお持ちください。25センチのお皿が入るケーキ箱があれば、なおステキです。
*お部屋の中で、1週間程度は美しいお花を楽しむことができます。


【講師プロフィール】 「庄司 裕子」

shojiyuko.jpg
フラワーデザイナー、ウェディングプランナー、フローラルディレクター。初心者向けの教室から、プロとして活動している人への指導に至るまで幅広く行っている。09年10年と、横浜ベイシェラトンメインエントランスに巨大なプリザーブドフラワー作品を展示するなど、創作活動も精力的に行っている。
鎌倉市で、フラワースタジオ >>BE-GLADを主宰。
鎌倉FMの「鎌倉シーサイドステーション828」火曜日担当のパーソナリティーとしても活躍中。

--------------------------
お問合せ・ご予約はこちら

メール: takaranoniwa@pocket.co.jp
電話: 080-5488-1053

◇申し込み締め切り 2/7(月) 
◇できるだけメールで、下記をお知らせください。こちらから折り返しご連絡いたします。
 【1.人数】
 【2.お名前】
 【3.お住まいの地域(番地不要)】
 【4.当日連絡のつく電話番号】
◇参加費は事前のお振込をお願いしております。ご了承ください。
◇1-2日待っても連絡がない場合は、メールのトラブルの可能性があります。電話でご確認ください。
--------------------------

pc北鎌倉たからの庭
http://takaranoniwa.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »