鎌倉に住む人-「9brand」

 鎌倉に越して来て、もう少しで10年になります。特別に縁があったわけではなく、独特の風情や豊かな自然がありながら東京まで1時間という環境が、東京の仕事で生計をたてる自営業にはバランス良かったわけで。。。ネットの普及がそんな暮らしを可能にした、なんて書くと「何を今さら・・」と笑われそうですが、10年前としては結構フロンティアだったんです。

9brand08 そして今、さらに軽やかに、鎌倉暮らしを選択する人たちが増えて来ています。最近おじゃました9brandの瀬戸さんご夫妻。先進のデザイナーであり、マーケットで流通するレーベルのオーナーでもあり。それこそ東京でしのぎを削ることを要求されそうな業界に居ながら、今年の春、工房とショップとともに鎌倉の大町に移って来られました。
 
 ご覧いただいてわかるように、彼らの作品のテーマは「生き物に学ぶ」。カエルや蝶やヤモリにも見えるカバンや帽子、雑貨たち。『空想生物学』と言っておられましたが、生き物たちが放つエネルギーを膨らませ、デフォルメして、独自の世界観を作り上げています。ショップには全国の動物にまつわる郷土玩具も並んでいて、日本古来の人と生物とのかかわりを、新しい感覚でとらえ直し発信しようとする9brandのねらいが伝わって来ます。

 生き物をモチーフとするお二人にとって、緑多く、生き物が身近に感じられる鎌倉の生活は刺激に満ちているのだとか。と同時に、世代や性別に関係なく長く使える普遍的なモノ作りには、湘南的な時間の流れがピッタリくるようです。東京での忙しかった日々を、「小走りで仕事してるぐらいのつもりだったけど、あれは全速力だったなあ」と振り返る瀬戸けいたさん。とはおっしゃるものの、次々と繰り出される言葉にはアツいものがあふれていて、今も体内で新たなエネルギーを醸成し、発散している感じが伝わって来ます。

9brand_2 気になった方、金土日とオープンしているショップを訪ねてご本人たちとおしゃべりを楽しんでみて下さい。自然体で、肩に力が入っていないクリエイティブなライフスタイル。素直に「いいな」と思えるんじゃないのかな。

■seto(H20.4月、9brandから名称変更)
 鎌倉市大町1-19-12
 0467-22-3441
 http://www.setodesign.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉nogoo(拭う)へ行ってみよう!

前回>>takanecoさんの作品が購入できるショップとしてご紹介した>>nugoo。若宮大路、カトリック教会の向いあたりに先月オープンしました。代官山>>「かまわぬ」の手ぬぐいや表参道>>「kisara」の麻商品など、和テイストの布や衣類を中心とした品揃えです。観光客の皆さんは、お手頃なウチワなどの小物をお求めになっていかれるようですが、鎌倉住民が見れば気づくでしょう。例えば>>草木染の手ぬぐいや、ショップロゴ入りのTシャツなど、「これって鎌倉の色だね!」(それも海の方じゃなくて山の方のね)という商品がとっても多い。鎌倉の湿気や風が布の中から感じ取れると言ったらいいんでしょうか。聞けばやっぱりデザイナーの方々は鎌倉にお住まいだそうで、納得。

Nugoo0_1
ショップの運営を担当されている竹本さん(下写真)。ご自身も大町在住のイラストレーターで、Tシャツデザインなどを担当されました。(自信作の「腰越しらすTシャツ」は、しらすを前に等身大で写したそうで・・そういや、1匹づつビミョーに顔かたちが違う!) これからも、流木アーチストの作品など、鎌倉発の商品にこだわっていきたいとおっしゃっています。鎌倉の新しい文化が、こういうところから発信できるといいですね!

Nugoo02_1Nugoo3_1■nugoo
鎌倉市小町2-12-32
0467-22-5551
10:30〜19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

takanecoさんのバックと小物

 >>takanecoさん、鎌倉市材木座在住。麻やコットンを使って、オリジナルのバックや小物を作っている作家さんです。さりげないのに目に止まるデザイン。思わず手で触れてみたくなる素材感。今までショップやギャラリー等で作品を展示販売してきましたが、このたび若宮大路に開店した>>nugoo(拭う)にtakanecoコーナーが誕生。いつでも、作品を手にとって見ることができるようになりました。
Takaneco00_2
 写真ではこの質感、肌ざわり、充分伝わらないと思うので、ぜひnugooに立寄ってお手にとってご覧下さいませ。鎌倉って、イラスト、布、陶器、アクセサリー、小物もろもろと、様々なアーティストの在住率がものすごく高い街だと思うんですが、そういう方たちの作品を展示販売しているお店、スペースって意外とないんです。小町通りや長谷通りのお土産ショップに並ぶのは鎌倉と無縁の商品ばかりという現状は悲しいですよね。
 nugooはtakanecoさんの他にも、「鎌倉の作家さん」にこだわった商品をフィーチャーして行こうという意思をお持ちとのことで、とても期待しちゃいます。・・・なので、次回はnugooをご紹介!(めずらしく、続く)

Nugoo01

■nugoo
鎌倉市小町2-12-32
0467-22-5551
10:30〜19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊島屋で売ってる面白いもの特集

toshimaya03toshimaya04005
左写真は、すでにかなり有名な鳩三郎。「鳩サブレーに酷似しておりますが食品ではありません。お召し上がりにならない様、ご注意下さい。」のただし書きが笑える。
おとなりは、今日発見した小鳩豆楽マグネット。(食べられる小鳩豆楽のイラストは>>> かまくら楽食日記「甘味・スィーツ図鑑」から。)

 でもこのぐらいでビックリしてちゃいけない。
 こちらは、走るボールペン「ハトカー」だって(Toshimayaロゴ入り!)。
toshimaya05
 鳩の部分が外れて、チョロQみたいに走るの。社長、ちょっとふざけすぎ?

toshimaya01 なので、右写真は真面目にこれからの季節限定のお菓子「さくらさくら」。きれいでしょ?
 刻んだ塩漬けの桜葉をあんに練り込んである。外側は求皮。ちょっとしょっぱくて甘くてやわらかい。春そのもののようなお菓子です。ほんとにおいしい。

 下写真は豊島屋本店の裏手の路地に、急ピッチで進む工事現場。これは、豊島屋さんが今年オープンさせる甘味処なのです。名付けて「豊島屋菓寮 八十小路」。これで「はとこうじ」と読む。徹底的に「鎌倉式」にこだわったお店らしいです。これでまた、小町通りわきに賑わいのある素敵な路地がひとつ増えますね。楽しみです。
toshimaya02

| | コメント (3) | トラックバック (1)

Cazの鎌倉特集号に注目!

 9/26(月)発売の>>Caz、お決まりの秋の鎌倉特集号です。
 なんで「注目!」かと言いますと、表紙の↓この部分。
caz03“鎌倉っ子長谷川理恵さん”の下に「地元在住『楽食組』が教えてくれた知らなかった名店も」とコピーが出てますねえ。
すいません、雑誌の表紙に載ったのはたぶん初めてなんで、ちょっと自慢しました。(いちおう“長谷川理恵さん”の下だし。フォントサイズはだいぶ違うけど。)

caz04 例によって、>>楽食組のおすすめ店ということで紹介させていただいたのは、カフェグラス、ベルグフェルド、鎌倉山のアンナフレンチ、みのわ、ギャラリーネストなど。「地元グルメがこっそり教える」なんてコピーがついてますが、なんてことはない有名店ばかりです。雑誌としては“知る人ぞ知る”みたいなコメントがキャッチャーになるわけで、そのへん大目に見てやって下さいませ。(あ、でも、>>もり崎さんは、「楽食さんのおすすめじゃあ断れないなあ」と言って取材を受けてくださったとか。ありがたいお話です。)

 Caz編集者のWさん、ケラケラと明るい声で笑う気持ちいい女性でしたが、「鎌倉は店の移り変わりが激しくて編集者泣かせ」とおっしゃいます。へえ、やっぱりそうなんだあ、と逆取材開始!
caz01 Cazは時々「街もの」と呼ばれる号を出すんですが、鎌倉特集は間違いなく部数が伸びるんだそうです。その理由は・・? 自由が丘や青山だと、誰か詳しい友達と一緒に行けばいいやと思うけど、鎌倉となると「誰も知らない」。で、いつか行くときのために買っておこう!330円だし・・。という心理が働くらしい。

 もう一つ。この頃、小町通りからはずれた店が結構流行ってますよね、という話題から。「遠い」というのも、お客さんに買い物させるインセンティブになるんですって。「わざわざここまで来たんだから、なんか買って行こう」という気を起こさせる、微妙な距離と商品の価格帯。・・なっるほど〜!

 話聞いてると、我々住民よりもよっぽど鎌倉事情に詳しい編集者。(ここだけの話、楽食組もCazやhanakoの鎌倉特集をめくって、次の楽食ターゲットを探すことが・・!) 今回のCaz、パラダイスアレイさんやプランデルブも出てますよ。これで330円。・・お得かも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小町・老舗のお茶屋さん

edamuraen 枝村園は、昭和元年創業の静岡本山茶・京都宇治茶専門店。近年まで小町通り中程にお店を構え、香ばしい香りを漂わせていましたが、今年ミルクホールのある路地のさらに奥に移転してご商売を続けています。由比ケ浜通りの川宗園も閉店してしまったそうで、今や旧鎌倉唯一のお茶屋さんになってしまったとのこと。奥まったところにある新店舗ですが、お茶を買い求める方が次々に現れ、枝村園さんのファンがたくさんいること、ひいては、鎌倉にはお茶にこだわる方がたくさんいるんだということがわかります。

eda02 枝村園の若ダンナ(下写真)は、さらに多くの方に美味しい日本茶の味を知ってほしいとの思いから、店舗に喫茶スペースを設けました。煎茶か抹茶が300円(お煎餅か干菓子付き)、小町の美鈴か北鎌倉のこまき(写真はこまきの“あじさい”)の和菓子をセットすると700円で一服できます。お茶屋さんがきちんとこだわって入れるお茶はさすがにまろやか。一級品の和菓子の甘味を引き立ててくれます。ゆくゆくはお店前の小川に面したアウトドアにもお茶用の席を作りたいとおっしゃっていました。

eda01 私なぞ、心からホッとしたい時、また元気を取り戻したい時など、日本茶のふくよかな香りと独特の渋みを欲してしまうんですが、ペットボトルの普及などで日本茶を入れて飲む機会が減ってしまったというご家庭も少なくないでしょう。せっかく美味しい甘味がたくさんある鎌倉に住んでいるんだもの、お茶の味にもこだわった暮らしがしてみたい。家族のためにお茶を丁寧に入れるぐらいの心のゆとりが欲しい・・・。枝村園の若いご夫妻の誇りをもった笑顔を見て、大切なことを思い出させてもらった気がしました。

■枝村園■ 鎌倉市小町2-3-16  0467-22-1257 9:00〜19:00 日曜定休

 ■□以下、オマケ■□
枝村園の若奥さんは東京出身。鎌倉が好きで、就職先として小町通りの菓子販売店を選んで寮生活。で、枝村園のご主人に出会って老舗のお嫁さんになっちゃったという裏話つき。まさに「住みたい鎌倉」を体現しちゃったスゴい人。そういうパターンもアリか・・と、とっても感心しちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お米屋さんにお米を配達してもらう

kubo03 鎌倉は“御用聞き文化”が残っている町です。そう、あのサザエさんの三河屋さんのような存在です。
 肉屋さんや魚屋さんの配達のおじさんが、お得意さんのお宅をまわって「今日、いい■▲が入ってるよ」と声をかけてくれる。「じゃあ、■▲お願いするわ、300グラム。」といったやりとりを耳にすることはあるけれど、そこで「100グラムおいくら?」と聞き返すのはどうもルール違反であるらしい。よって悲しいかな、日々50円100円を節約したい家庭に“御用聞き文化”が入り込む余地はないのです。そのへんの事情はお店の方も心得ているようで、隣の古いお宅に出入りしている御用聞きさんが、ついでに我が家に声をかけてくれるようなことはついぞなかったりする。ホッとするような、悲しいような・・。

kubo02 と少々敷居が高い“御用聞き文化”ですが、入門編として「お米屋さんにお米を配達してもらう」のはオススメかも。例えば、御成小前から六地蔵に抜ける通りに店を構える久保米店は、市内全域はもとより葉山あたりまで配達していらっしゃるとのこと。

 うかがえば、「配達が7割、店頭売りが3割ってとこかな」だそうで、いまだにお米を配達してもらっているお宅が多いというのも鎌倉らしい。配達料は決まっておらず、写真(↑)の“持ち帰り価格”プラス50円〜200円が配達価格となるんだそうです。なにしろ、あの重いお米が電話1本でその日のうちに玄関先まで届くんだから、安いもんだと思いませんか?kubo01

 もちろん、自家精米。オリジナルのブレンド(コーヒーみたい!)を袋詰めした比較的安価なものから、高級ブランド米まで。つき方を好みでオーダーできるのも、自家精米ならではです。「うち、お米はお米屋さんに配達してもらってるの」なんて、今どきちょっと自慢になりそう?

kubo00
久保米店
鎌倉市由比ガ浜1-3-20 0467-22-2581
日曜定休



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、日進堂に注目!

nisshindo004 この頃、大町の日進堂が頑張っている。旧鎌倉周辺の小学校の給食パンを一手におろしている「町のパン屋さん」だ。

 以前から、昔なつかしい香りがする調理パンが安くておいしい店だった。クリームパンとかチョココロネとかカレーパンとか。しっかり手作りの味がするコロッケパンや、サラダやマヨネーズ卵がたっぷりはさまった柔らかいサンドイッチなど、今ではパン屋さんの店頭でほとんど見かけなくなってしまった代物が無造作に袋に入って棚に並んでいる。しっとりと水分の多いパンは、子どもやお年寄りのファンも多い。
nisshindo03

 その日進堂さんの棚に、この頃「フォカッチャ」が並ぶようになった。“市場のほうれん草がたっぷり入った”という新作「ほうれん草パン」は1個50円(写真)。聞けば若い息子さんが作り手として参加するようになり、チャレンジ精神を多いに発揮しているらしい。nisshindo01

 もちろん、流行のブティックまがいのパン屋さんのような洗練された味ではないけれど、ご近所住人としては、まずその「やる気」を買わせていただきます! 近頃、大町のバス通り沿いにお洒落なカフェやおいしい定食屋さんがオープンしていることもあって、相乗効果も期待できそう。 頑張ってね!日進堂さん!

nisshindo07
日進堂
鎌倉市大町2-2-3 0467(22)0479
定休日なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コストコ 金沢シーサイド店

costocoベイサイドマリーナの近くにオープンしたコストコ。倉庫のような店内、天井まで積まれた商品。生鮮食料品から家具、冷蔵庫まで。・・確かに安い。外国でショッピングしているような錯覚も楽しい。処方箋があれば眼鏡やコンタクトも購入できます(眼科も併設)。
意外なおすすめは、フードコート。アメリカンサイズのピザがおいしい!でも4200円払って会員にならないと入場もできません。あしからず。
http://www.costco.co.jp/
横浜市金沢区幸浦 045-791-6001 無休

| | コメント (0)

コーナン鎌倉大船モールがオープン!

conan大船駅西口地区、フラワーセンター裏手に巨大ショッピングモールができました。スーパーのライフ、家電量販店のノジマ、百円ショップのセリア、文教堂書店、ホームセンターのコーナンのほか、メガネ店、インテリア雑貨店、ファミレス、100円回転寿司などが出店しています。
敷地面積45000平米、駐車場は1445台とケタ違い。あまりに広すぎて、どこに何があるのやら迷ってしまいそう。室内の子供の遊び場がないのが、ちょっと残念。土日は混んでいます。
鎌倉市岡本1188-1 0467-42-8301(ホームセンターコーナン)

| | コメント (1)