« 笹の葉 | トップページ | つるや »

シーキャッスル

NO.039・・楽食日/2001年2月27日(晴れ)

(ドイツ料理)

鎌倉市長谷2-7-15 TEL0467-25-4335

039

楽食、産業スパイと疑われるの巻

席について、おもむろに絵の具とスケッチブックを取り出し、料理が出てきたらデジカメで写真をとってスケッチを始め・・。確かにあやしい行為です。それも働き盛りらしき人間が3人、平日の昼ヒナカから。「あんたたちいったい何者?」と聞かれて当然の行為です。でも今まで「上手ですね」と声をかけてきたお店はあっても、こちらの素性を問われたことはありませんでした。日本は“黙認の文化”なんだと再認識。一方、ここシーキャッスルはバリバリのドイツ人のおばちゃまがフロアを仕切っています。日本式に言ったら「あたしの目の黒いうちは、マナーに反することは許しゃしないよ!」。車で来たらビール厳禁。貧乏ゆすりダメ。店内撮影いっさい禁止。では、温かいお料理を食べる前にスケッチすることは・・? いえいえ、先にスケッチの目的を説明して了解をいただかなかった我々が悪いのです。最後には「私は料理は写真より絵が好きなのよ」「またいらっしゃい」と優しい声をかけてもらって、心から嬉しかった小心者の楽食組です。お料理おいしかったので、ほんとにまた行かせて下さい。そしてこれからも、どうぞ時々叱ってください!(か)

営業時間

12:00〜21:00

・水曜定休

駐車場

2台ぐらい 

席数他

・50席ぐらい

シーキャッスルのメニュー

●一品料理

・ズルチェ(フライドポテト付)1000円

・ソーセージ盛合わせ(ザワークラウト付)1500円

 ・ローストビーフ(ポテトサラダ付)1100円

・ミートローフ 他、多数

●コース料理

一品にスープ、パン、コーヒーなどがセット 2,200円〜各種

●他に、パン、サラダ、フライドポテト、ケーキ各種など。ドイツビールも有り。

|

« 笹の葉 | トップページ | つるや »

コメント

森の中を歩き回ってへとへと。やっとたどり着いた湖畔の山小屋で「アー腹減ったぜ」と肉にかぶりつく‥‥そんなイメージが浮かぶワイルドな肉料理。そして、「弱音を吐く男は嫌いだよ」といいつつ心やさしい山小屋の女主人‥‥といったキャラクターのドイツ人ママ。ちょっとしたトリップ体験です。ママの日本語があまりに達者で、窓からの景色が由比ヶ浜なので、ああ、やっぱり鎌倉なんだねここは。ママにほめられたスケッチですが「アレ」がたりませんでしたね。この絵には「アレ」が入らなければ‥‥。今度は夜に「アレ」を飲みに行う!

投稿: ちぃ | 2006/02/02 16:31

シーキャッスルは、かなり本格的ドイツ料理が鎌倉で楽しめるのが嬉しい。ドイツ人のおかみは、ソーセージの切り方などいろいろ親切に指導してくれる。メニューを撮影しようして産業スパイと疑われた楽食組でした。

投稿: たけ | 2006/02/02 16:32

はじめまして。
先日、こちらのお店に行ってまいりました。その時の感想は指示が多いなーと思いましたが、料理は美味しくて満足しました。ポットローストビーフを食べました。今度はコールドローストビーフとソーセージにしてみます。写真撮影不可ですから、このスケッチは貴重ですね!本当に店内だけ見るとドイツ、窓からの景色は湘南と面白いお店です。

投稿: しろうさぎ | 2006/03/01 10:27

大昔、海岸通りにあまりレストランなど無かったころ、店先から少し離れた路上に車を置き店に入り、まずビールからオーダーをする。「あなた今日、車でしょ! 正直に言いなさい」、私、「はい」 ママ「はいビールダメー」。意地悪なドイツ人と思ったコトもありました。でも私は知っています、昔出していた何の変哲もない白い食器ナイフ、フォークは洗った後、拭き上げるのでなく磨き上げていたんです。そんな気持ちで作ってる料理だから美味しいんでしょう。

投稿: コト | 2006/04/29 18:42

はじめまして。鎌倉1人旅が好きで、地元の方達の声を頼りに店に足を運びました。初めはドイツ人のママにちょっと圧倒されたけど、店内の雰囲気とドイツビールの美味しさに満足して帰りました。静岡からなので、「また来ます」と言ってから何年ぶりでしょうか。レストランを経営する友達とこのGWに行きました。彼女も喜んでいました。また行きたいです。

投稿: バンブー | 2006/05/13 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笹の葉 | トップページ | つるや »