« うどん三昧 とく彦 | トップページ | とんかつ 銀屋 »

タイ食堂 バーンウエンター

NO.145・・楽食日/2006年12月14日(晴れ)
(タイ料理)
鎌倉市雪の下3-3-26 TEL0467-23-6717
145

あのタイ屋台の味を一年中
 すっかり由比ガ浜の夏の風物詩として定着した「リトルタイランド」。例年、おいしいのは一番左奥の店だとか、ラーメンが美味いのは○○○で空心菜炒めなら××だとか、地元ではいろんなウワサが飛び交います。そんな中、いつ行っても安心できる味を楽しめるお店がありました。拙い日本語を操る女性の笑顔も可愛い。そして翌年訪問すると「あらお姉さん、去年も来てくれたね」と、嬉しいことを言ってくれる。それがターさん。「また来年ね」とお別れしたら、その冬、八幡宮そばにお店を出されました。
 調理担当のご主人ウエンさんとお二人だけの、気取りのないお店。ターさんの笑顔は1年中かわらず。あのパッタイの味もかわらず。肩に力が入らない鎌倉の食堂として、どうぞご愛顧を。(か)

営業時間
・不定休 だいたい11時〜23時頃
・ランチタイムは 月〜金の11時〜14時
・夏場はランチを休むこともあります。電話でご確認下さい。
駐車場
・なし
席数他
・16席ぐらい
メニュー(税込)
●ラーメン、パッタイ、サラダ、炒め物、カレー、生春巻き など各種 850円〜
●ランチセット(メイン+サラダ+フルーツなど)850円〜950円 グリーンカレー、タイ風チャーハン、タイ風焼きそば、ほか
●飲み物・生ビール550円 ・象印ビアチャン630円 ほか

|

« うどん三昧 とく彦 | トップページ | とんかつ 銀屋 »

コメント

「サワッディー カップ」。自宅からアトリエへ通う金沢街道沿いにある、ウエンさんとターさんのタイ人ご夫妻のお店に、やって来ました。もちろんタイ料理のお店です。「アロイ」です。夏の由比ヶ浜海岸に海の家と並んで現れるタイ屋台村にも出店していたときに、由比ヶ浜の楽食店オーナーMさんと知り合いこの地に店を構えることができるようになったとか。鎌倉とタイの人が繋がってできたお店には夏の海とは違い、観光客はあまり訪れないようで、きょうもご近所のお客でにぎわっておりました。一見鎌倉らしくないタイ料理の店は観光客よりも鎌倉の人に支持され、すっかりご近所の食堂になっているようです。(タイ語は『旅の指さし会話帳「タイ」』より・・・http://item.rakuten.co.jp/book/1687520/ 『旅の指さし会話帳「スリランカ」』はちぃイラスト満載です。スリランカ料理店もできないかなあ・・・)

投稿: ちぃ | 2007/02/07 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うどん三昧 とく彦 | トップページ | とんかつ 銀屋 »