楽食(らくしょく)の定義とは…

『楽食』のすすめ
 鎌倉に『うまいもの処』と称する店は星の数ほどありますが、本当においしい、通いたくなる店となると、その実体は…「?」。巷にあふれるガイドブックの類も、ほとんどは試食もせずに書かれていると聞けば、とてもじゃないが信用できません。「ならば!」と、意を決して立ち上がったのが、鎌倉在住のクリエーター三人衆。この本は、三人が自腹で食べ歩き、三人揃って「ここぞ」と納得した鎌倉の名店を 軒、絵日記スタイルで紹介したものです。
 『楽食』とは、まさに「ウキウキするような楽しい食事」の意味。ここに掲載されているのは、料理の味はもちろんのこと、雰囲気やサービスも心地よく、且つ、そこそこリーズナブルなお値段(一人/二千円以内)で、楽しいランチタイムを過ごせるお店ばかりです。
 人生に『楽食』は必要です。どうぞ皆さんも、『かまくら楽食』にお出かけ下さい。皆さんが、我々と同じように幸せなひと時を享受されることを願っています。

『かまくら楽食日記』の読み方

【イラスト】
 本文に記載された日に、楽食三人衆(別名・楽食組)が食べたもののスケッチです。一人前でない場合もあります。店によってはメニューからなくなってしまった物もあります。

【楽食時間帯】
 楽食組は平日に、混みあう時間帯を避けて楽食しています。曜日や時間によっては、味やサービスの内容がかわってしまうお店もあるかもしれません。ご了承ください。記載した情報それぞれの楽食日のものです。営業時間、メニュー、値段など、変わる場合もありますのでご了承下さい。(LO はラストオーダーを示します。)


|